SNSで最新情報をチェック!

政治

会見当日にあらゆるソーシャルメディアから抹殺された、現役医師らによる「コロナウイルス -白衣の記者会見」全容

Published

-

2020年7月27日~28日、America’s Frontline Doctors(以下、AFD:米国最前線の医師会)による記者会見が米国ワシントンD.C.で行われた。この記者会見の主催は、ティーパーティ運動のオフィシャル組織と呼ばれるアメリカ最大の団体「ティーパーティ・パトリオッツ」である。記者会見には、共和党のラルフ・ノーマン議員も出席し、AFDの医師らが、コロナウイルスのパンデミックや、このウイルスに対する医学界の治療法についての見解を述べた。

ツイッターのライブ配信プラットフォームであるペリスコープ上のライブ配信の閲覧数は100万を超え、フェイスブックの閲覧数は8時間以内に1700万を超えた。ユーチューブで流れた記者会見の一部の動画の閲覧数は8万に達したが、初日の記者会見当日の夜半に、フェイスブックが記者会見の動画を削除し、その後次々と、ツイッター、グーグル、ユーチューブも動画を削除した。また、AFDのオフィシャルウェブサイトへのアクセスも阻害された。

その後も、この記者会見の模様をライブ配信した他のメディアのオフィシャルツイッターアカウントが制限され、記者会見に出席した医師たち個人のツイッターアカウントもロックされた。理由は、コミュニティガイドライン違反、また、COVID-19に関する誤情報ポリシー違反などである。記者会見に出席していたのは、共和党の議員、整形外科医、個人開業医、神経学者、救急医、小児科医、眼科医、健康政策研究員、小児・青年期精神科医など、アメリカ各地で長年経験を積み、現役で活躍している医師たちだ。医学界のプロフェッショナルたちが集まり、これほどまでに全米の注目を一気に集めた記者会見が、なぜあっという間にすべてのソーシャルメディアから抹殺されてしまったのか。以下が、初日最初の記者会見の全容である。

ノーマン議員:(00:00)
「それではどうぞ。」

シモーヌ・ゴールド医師(00:01)
「ありがとうございます。議員、どうもありがとうございます。私たちがここに来たのは、アメリカの方々が国中すべての専門家の意見を聞いたわけではないと感じたからです。何人かの専門家が意見を言ってはいますが、全国には非常に多くの専門家がいます。そこで私たちは何人かで集まることにしました。私たちは「America’s Frontline Doctors(米国最前線の医師会)」です。私たちはただ、アメリカの患者さんたちとアメリカの国が健康な状態に回復するのを助けるために来ています。共有したい情報がたくさんあります。アメリカの人々は現在、恐怖にくぎ付けされ、とらわれています。私たちはウイルスにやられているというよりは、恐怖のクモの巣に捕らえられているのです。クモの巣は私たちの周りに張りめぐらされ、私たちを締め付けて、アメリカの人々、アメリカ社会、そしてアメリカ経済の生命線を衰弱させています。

シモーヌ・ゴールド医師(00:53)
これは理にかなっていません。COVID-19は、本質的に2つの段階で存在するウイルスです。初期段階の病気と後期段階の病気があります。ウイルスに感染する前か、ウイルスに感染したばかりの初期段階では、ウイルス感染の治療法があります。それをお伝えしに来ました。そのことについては、今日の午後にお話をします。これは「America’s Frontline Doctors」(のウェブサイト)で見ることができ、またこれをFacebookでライブストリーミングしているサイトが他に多くあります。しかし、このメッセージは発言阻止させられているので、どうぞこれを聞いてくださるようにお願いします。アメリカの人々に、状況についての良いニュースを伝えるのを阻止されている医者が何千人もいます。私たちは注意深くそして賢くウイルスを管理下に置くことができますが、私たちの国を締め付けているこの恐怖のクモの巣と共存することはできません。

シモーヌ・ゴールド医師(01:45)
それでは、さまざまな立場からのお話しを聴いていきましょう。一部の医師は、ロックダウンが若者、高齢者、企業、経済にどんな影響を及ぼしたか、そして恐怖のサイクルからどうやって抜け出せるかについてお話しします。それではハミルトン医師お願いします。」

ボブ・ハミルトン医師(02:03)
「シモーヌ、ありがとう。そしてみなさん、今日ここに来てくださってありがとうございます。私はボブ・ハミルトン医師です。私はカリフォルニア州サンタモニカの小児科医です。私はそこで36年間個人開業医として働いています。そして今日は良いニュースがあります。良いニュースとは、原則として子供たちはこのウイルスに対して非常によく対応できているということです。感染者はほとんどいません。感染者の入院数も少ないです。幸いなことに、子供の死亡率は1%の約5分の1です。子供たちは、感染をとても良く許容していますが、実際には無症状です。

ボブ・ハミルトン医師(02:38)
また、子供たちはこのパンデミックの原動力でもありません。人々は当初、子供たちが事実上感染を推進させるのではないかと心配していました。正反対のことが起こっています。子供たちは非常に良く許容し、両親にうつすこともありませんし、教師にもうつっていません。小児感染症の専門家で疫学者であるスコットランド出身のマーク・ウールハウス医師は次のように述べています。「世界中でCOVIDが生徒から教師に感染したことが記録されたケースは、これまでに1件もない」と。

ボブ・ハミルトン医師(03:19)
今日ここにいる私たち全員が、実際に感染症を引き起こしているのは子供たちではないことを認識することが重要だと思います。高齢者が原動力となっています。そして私たちは恐れずに、子供たちを学校に戻すことができます。そしてこれは、ノーマン下院議員が言及したように、現在大きな問題であり、私たちが実行すべき本当に重要なことです。私たちは子供たちの生活を正常に戻す必要があります。どうやってでしょうか?彼らを教室に戻すことによってです。そして、良いニュースは、彼らが一切この感染を引き起こしていないということです。そうです、セキュリティ対策を利用することができます。注意深くすることができます。私は大賛成です。われわれは皆賛成ですね。しかし、重要なことは恐怖から行動すべきでないということです。私たちは科学に則って行動する必要があります。私たちはそれを行い、成し遂げる必要があります。

ボブ・ハミルトン医師(04:07)
最後に、障壁は、私はこれを言いたくありませんが、子供たちを学校に戻すことに対する障壁は科学ではなく、全国労働組合、教師組合、全国教育協会、その他のお金を要求するグループになるでしょう。そして、聞いてください。教室においてPPEやさまざまなものに対してお金を払うのは問題ないと思います。しかし、彼らの要求のいくつかは本当にばかげています。私がいるカリフォルニア州ロサンゼルスのユナイテッドティーチャーズユニオンであるUTLAは、私たちに警察への出資を取り消すように要求しています。それが教育と何の関係があるのですか?彼らは、私立のチャータースクール、私費のチャータースクールをすべて停止するか閉鎖するように要求しています。これらは、実際に子供たちを教育している学校です。

ボブ・ハミルトン医師(04:59)
ですから明らかに、これらは障壁となるでしょう。障壁は科学的なものではありません。これらは、子供たちのための障壁ではありません。それは、大人たち、教師たち、そしてその他すべての人のため、そして組合のためです。そこに私たちは努力を集中し、反撃する必要があります。皆様、来ていただき、ありがとうございました。子供たちを学校に戻しましょう。」

記者会見で語るステラ・インマヌエル医師

ステラ・インマヌエル医師(05:27)
「こんにちは、ステラ・インマヌエル医師です。私はテキサス州ヒューストンの家庭医です。実際に西アフリカのナイジェリアの医学校に通い、そこでマラリア患者の手当をし、ヒドロキシクロロキンなどで治療しました。ですから私は実際に、これらの薬に慣れています。私がここに来たのは、COVIDの患者350人以上を個人的に治療したためです。糖尿病の患者、高血圧の患者、喘息の患者、お年寄り…私の最年長は92歳…87歳だと思います。そして結果は同じでした。私は彼らにヒドロキシクロロキンを処方し、亜鉛を処方し、ジスロマックを処方しました。そして彼らは全員元気です。

ステラ・インマヌエル医師(06:12)
過去数か月間、350人以上の患者の手当をした後に、1人の患者も失っていません。糖尿病でも、高血圧の人でも、喘息の人でも、老人でもです。1人の患者も亡くしていません。その上、私自身、私のスタッフ、そして私が知っている多くの医師に、予防のためにヒドロキシクロロキンを服用させました。なぜなら、まさにその作用機構により、ヒドロキシクロロキンは早期に、また予防として作用するからです。私たちは毎日、10〜15人のCOVID患者を診ています。私たちは彼らに呼吸療法を施しています。私たちはサージカルマスクを着用するだけです。私たちの中で病気になった人はいません。うまくいっています。

ステラ・インマヌエル医師(06:46)
だから今、私は「アメリカでは誰も死ぬ必要がない」と言うためにワシントンDCに来ました。私にヒドロキシクロロキンの使用を開始させた研究は、2005年にNIHの下で実施された、ヒドロキシクロロキンには効果があるという研究でした。最近、私はしゃっくりのある患者についていくつかの研究を行っていましたが、彼らは私たちの国立研究所であるNIHで最近の研究を行っていることもわかりました。つまり、国立…NIH、何ですか?国立衛生研究所ですね。彼らは実際に研究をして調べました。「hiccups(しゃっくり)」と「COVID」と入力すれば出てきます。彼らはヒドロキシクロロキンでしゃっくりのある患者を治療し、しゃっくりがCOVIDの症状であることを証明しました。したがって、患者の治療にヒドロキシクロロキンを使用することにより、しゃっくりがCOVIDの症状であることが証明されるということをNIHが知っているのであれば、彼らはヒドロキシクロロキンが効くということを絶対に知っているはずです。

ステラ・インマヌエル医師(07:42)
私は怒っています。私が怒っているのは、呼吸できない人を見ているからです。私は両親が入ってくるのを見、また糖尿病患者が、呼吸できないということは死刑判決であると考えながら私のオフィスに座っているのを見ています。私は彼らをハグして言います、「大丈夫。あなたは助かりますよ。」そして私たちは彼らを治療し、彼らは帰宅します。誰も死んでいません。ですから、一部の偽の科学や、これらすべての偽の製薬会社によって後援される何人かの人が「私たちは研究を行い、ヒドロキシクロロキンが効かないことを発見した」と言っても、私は分類上それが不正工作による科学だと断言できます。いったい誰がその研究を後援しているのか知りたい。そうでなければ350人の患者を治療し、誰も死んでおらず、全員回復するわけがありません。いったい誰が背後で操っているのかを知りたい。

ステラ・インマヌエル医師(08:21)
きっとあなた方は20人、40人を治療したがうまくいかなかったと私に言うでしょう。私が正真正銘の証です。ですから私は、アメリカではだれも病気になる必要はないと言うために、ここワシントンDCに来たのです。このウイルスには治療法があります。それはヒドロキシクロロキン、亜鉛、ジスロマックと呼ばれるものです。あなた方がマスクについて話したいと思っているのは知っています。マスクは必要ありません。治療法があります。彼らが学校を開きたくないのは知っています。いいえ、ロックダウンは必要ありません。予防と治療法があります。

ステラ・インマヌエル医師(08:48)
「二重盲検試験が必要だ」というすべての偽の医者たちに言わせてもらいます。コンピューターみたいに二重盲検、二重盲検と言うのはやめなさい。あなたのチップが故障しているかどうかはわかりませんが、私は本物の医者です。私には放射線科医、形成外科医、そして神経外科医がいます。「それは効果がない。心臓病を引き起こしてしまう。」と言うサンジェイ・ガプタ医師にお聞きします。よく聞きなさい。COVIDの患者を診たことがありますか?ヒドロキシクロロキンで誰かを治療して、心臓病で亡くしたことがありますか?もしそんなことがあったならば、来て話してください。私は毎日診療所に座りながら、患者たちが毎日死ぬほど恐れながら入って来るのを見ています。一部の救急処置室の医者がテキサスの衛生局や、何かしらを怖がって、これらの人々に薬を処方しないため、私の診療所まで車で2、3時間かけて来る人たちがいます。

ステラ・インマヌエル医師(09:35)
アメリカ人が死んでいくのを座ってながめている医者たち全員に言います。あなた方は良きナチスのようなものです…良きナチス、ユダヤ人が殺されるのを目撃しながら、声を上げなかった良きドイツ人です。彼らが私を追ってくれば、脅してくるでしょう。彼らは脅迫してきました…つまり、私はあらゆる種類の脅迫を受けました。それか、彼らは私をBOTに報告するでしょう。あの、言わせてもらいますが、私は気にしません。アメリカ人を死なせはしない。もしこれが、私が釘付けにされる丘であるなら、私はそれに釘付けされましょう。私は構わない。BOTに私を報告するなり、殺すなり、何でもしたらいい。でも、私はアメリカ人を死なせたりはしない。

ステラ・インマヌエル医師(10:09)
そして今日、私はこれを言うためにここにいます。アメリカの方々、COVIDには治療法があります。このすべてのばかげたことは、起こる必要がありません。COVIDには治療法があります。COVIDの治療法はヒドロキシクロロキンです。亜鉛です。ジスロマックです。そして、草の根たちが目を覚まして、「もうたくさんだ!私たちは死なない!」というべき時です。言わせてもらいますが、誰かが亡くなれば、その人は死んでしまったわけで、二重盲検試験とデータについて話し合うために次の日に戻ってくることはないのです。データを待っている医師の皆さん、6か月後にこの薬が効くことをこのデータが示すことが実際にわかった場合、死んでしまった患者のことはどうするのですか?あなた方は、人々が死んでいるのに、二重盲検研究をしたいのですか?それは非倫理的です。だからみんな、死ぬ必要はありません。COVIDには治療法があります。

シモーヌ・ゴールド医師:(11:02)
まあ。インマヌエル医師は戦士としても知られています。次のゲストを紹介する前に、これを聞いているすべての医師が患者にそのような情熱を注いでくれることを願いたいものです。そして、インマヌエル医師がおっしゃっていた研究はウイルス学であり、中国から来た肺に影響を与えるSARSウイルスの流行についてのものです。彼らは、何が効くのかを知りませんでした。この研究は、クロロキンが効くことを示しました。3か月前に書かれたものとそっくりに聞こえるかもしれませんが、実際、これはウイルス学の研究であり、アンソニー・ファウチ医師が所長を務めていたときに、NIH(国立衛生研究所)によって発行されたものです。繰り返しになりますが、15年前のNIHのウイルス学の公式出版物には、クロロキン…私たちはヒドロキシクロロキンを使用していてこれも同じです、より安全なものです…が効くことが示されています。彼らは15年前、この新規のコロナウイルスが現れたときにこれを証明しました。これはそれほど新しいものではなく、以前のコロナウイルスに78%似ています。

シモーヌ・ゴールド医師:(12:03)
以前のバージョン、COV-1に当然のことながら78%似ています。効果があるのです。次のスピーカーを紹介します。ごめんなさい。お名前を言うのを忘れてしまいました。失礼しました。」

ダン・エリクソン医師(12:12)
大丈夫です。ダン・エリクソン医師です。私はゴールド医師に、ロックダウンについて話してほしいと頼まれました。ロックダウンの有効性について、非財政的な結果をもたらすのかどうか。皆いつも財政について話しますが、私たちは21兆ドルの経済をロックダウンしただけではありません。ロックダウンをすれば、公衆衛生上の問題が発生します。自殺ホットラインは600%増加しています。配偶者への虐待も。様々な地域のすべてのアルコール依存症が増加しています。これらは、財政上のロックダウンによる公衆衛生上の問題です。その事実を明確にする必要があります。ただロックダウンを行って、それが人々の仕事に影響を与えるというだけのことではありません。家庭における健康への影響もあります。つまり、もう少し慎重なやり方、一貫したやり方を行うということです。風邪やインフルエンザの季節にまたピークを迎えるときには、持続可能な方法を行いましょう。

ダン・エリクソン医師(13:13)
持続可能なものとは何か。まあ、私たちは社会的距離を置き、マスクを着用することができますが、学校を開いたり、ビジネスを開いたりすることも可能です。したがって、私の話しているこの慎重なやり方は、でっち上げではなく、スウェーデンで行われており、スウェーデンの死亡率は100万人あたり約564人です。イギリスは、完全にロックダウンして、100万人あたり600人の死亡率です。つまり、ロックダウンによって100万人あたりの死亡率は大幅に減少していません。一部の北欧の国では、さまざまな理由で死者が少ないですが、今日はそれについてお話する時間はありません。つまり、ここで1〜2分でお話する簡単なメッセージは、持続可能な方法をとる必要があるということです。持続可能な方法は、物事を減速させ、学校を開き、ビジネスを開くことです。そして私たちは、人々に命令してコントロールするのではなく、マスクを着用し、また社会的距離を置くことを選択する自主性と個人的責任を彼らが持つようにすることができます。データを用いて人々を力づけ、他の国々が何をしたかを彼らに学ばせ、彼ら自身に決定させましょう。これが、私が共有したいことです。ありがとうございました。」

スピーカー1:(14:28)
なにか質問はありますか?

シモーヌ・ゴールド医師:(14:29)
質問はありますか?

スピーカー2:(14:32)
みなさん、私たちはとても興奮しています。私はサウスダコタ州から来ました。聞いているかもしれませんね。

シモーヌ・ゴールド医師:(14:36)
はい。

スピーカー2:(14:38)
皆さんがこのメッセージを伝えてくれて本当に嬉しいです。

シモーヌ・ゴールド医師:(14:39)
サウスダコタ州は興味深いことをしましたね。あなたがそこからいらしているのは興味深いです。知事はヒドロキシクロロキンへのアクセスを制限しませんでしたね。

スピーカー2:(14:46)
そうなんです。[クロストーク00:02:48]。

シモーヌ・ゴールド医師:(14:49)
そうですね。そして、サウスダコタ州は組合内でそれをした唯一の州であったと思います。そして、それが効かないことを示そうという試みがありました。彼らはその時、多すぎるか、長い時間のいずれかの誤った投与量を不適切な患者に与えたため、不正確です。サウスダコタ州は、ヒドロキシクロロキンにアクセスできたため、より良い結果が得られました。どうもありがとうございます。

スピーカー3:(15:06)
つまり、私たちの家族がCOVIDにかかった場合、「ヒドロ」なんとかと言いましたか、それは制限されているわけですね。どうすればそれを手に入れることができますか?

シモーヌ・ゴールド医師:(15:16)
はい。それが、毎日一番聞かれる質問です。私も知りたいです。あなた1人ではありません。私は多くの議員に、どうすれば入手できるかと聞かれました。国会議員がそれを手に入れることができなければ、平均的なアメリカ人がそれを手に入れるのは困難なことです。とても難しい。いくつかのハードルを克服しなければなりません。あなたの医者が批判的な目で科学を読み、くだらない科学を排除しなければなりません。ご存知のように多くの研究が撤回されています。第2に、薬剤師がそれを制限しないことです。多くの州では、医師の処方を尊重しないような権限を薬剤師に与えています。こんなことは今までありませんでした。これは、患者が医者に正直に話をし、医者が患者に正直に答えるという医師と患者との関係を妨げるものです。

シモーヌ・ゴールド医師:(15:55)
ですから、平均的なアメリカ人にとっては非常に困難な時です。私たちが今日の午後遅くに共有する情報の一部は、それが制限されていない国の死亡率とそれが制限されている国の死亡率を示すことです。このために、今では私は世界中に知り合いがいます。インドネシアでは、店頭で購入することができます。ビタミンのセクションにあります。そして私は、イランの店頭でそれを買うことができることをアメリカ人に伝えるためにここに来ました。イランの指導者たち、イランのムッラーたちがアメリカ人よりも、自分たちがもっと自由であるべきだと考えているからです。これは私にとっても問題です。私の同僚にとっても問題です。患者が死ぬのは見たくはありません。

ジュリー:(16:26)
だから人々が問題を抱えているなら、自分たちの州とその連邦代表と上院議員に電話をかけて、私たちは(自由の国)アメリカ国民だと言うべきです。

スピーカー1:(16:42)
1つだけ言わせてください[クロストーク00:16:46]。

ジュリー:(16:45)
皆さん、国民全体がそうでなければ。

スピーカー1:(16:49)
ありがとうございました。ジュリー、ありがとう。その通りです。これを聞いて、なぜそれが手に入れることができないのかと心配し、疑問に思うなら、4か所に電話をかけないといけません。知事に電話をし、両方の上院議員、そして下院議員に電話をする必要があります。そして、これ(コロナウイルスの流行)を終わらせるのに役立ち、また入院数と死亡数を減らす助けになると、医師があなたに教えた薬を手に入れることができない理由を知りたいと訴えてください。イェール大学のハーベイ・リッチ医師の研究を読むように促してください。彼はイェール大学の疫学教授です。そしてそこで他の研究も見ることができます。

スピーカー4:(17:31)
はい。私は人々が毎日見ているデータをどう信頼しているのか尋ねたいです。ジョンホプキンズやCDCの数値はとても変動します。CDCでは、COVIDによる死亡を、肺炎とその他に関連するさまざまなカテゴリに分類しています。どこで筋の通った正しい情報を得ることができますか?

シモーヌ・ゴールド医師:(17:52)
注意を払う価値があると私が思う唯一の数は死亡率ですが、その数でさえ(正しく把握するのが)困難ですぐに変動するためそれほど役に立ちません。感染者数はほとんど関係ありません。それは検査に多くの不正確性が存在するためです。また、検査が正確であっても、ほとんどの人は無症状または軽度の症状です。したがって、それはあまり重要ではありません。ですから、ニュースで常に上昇している感染者数は、基本的に関係ありません。もし数ヶ月前にメディアが大騒ぎしているのがその数だと私たちが聞いたなら、私たちは皆それをただ笑い飛ばしたでしょう。つまり、それは本質的に集団免疫です。症状なしで、または非常に軽い症状で陽性と判定された人はたくさんいます。ですから、注目する価値があるのは死亡率のみです。

シモーヌ・ゴールド医師:(18:33)
死亡率を見れば、残念ながらこれは、私たちの社会で最も弱い人たちを死に至らせる病気です。複数の併存疾患、特に糖尿病を患う人々、肥満は大きいです。それについては話しませんが、それが事実です。冠動脈疾患、重度の冠動脈疾患の人々など。また、あなたが年をとっていれば、それは危険因子になります。しかし、最大のリスク要因は、併存疾患があるかどうかです。あなたが若くて健康であれば、これは(危険な病気)ではありません。あなたは回復するでしょう。併存疾患のない60歳未満であれば、インフルエンザよりも致命的でありません。これまで教えられたこととは違うので、アメリカ人にとって素晴らしいニュースに感じるでしょう。答えは、正確な数値を得るのは非常に難しいということです。

スピーカー5:(19:13)
私は、ブライトバートニュースの[聞き取り不能00:19:13]です。アンソニー・ファウチ医師にメッセージ伝えるなら、彼に何と言いますか?

スピーカー1:(19:18)
医師たちの声に耳を傾けるように。[聞き取り不能 00:19:21]最前線の医師たちに。最前線の医師たちと面談すること、マイクに向かって言う必要があるかもしれませんね。アンソニー・ファウチ医師への私のメッセージは、実際の患者を診察している最前線の医師たちと面会することです。彼らは人間の皮膚に触れています。彼らは人々の目を見て診断し、ウイルスを克服するのを助けています。彼らは患者と話をし、面会し、そしてこれを毎日行い、直接ウイルスについて学んでいます。そして理解することが重要なのは、ここにいるのが緊急治療室の医師たちではないということです。彼らは患者が緊急治療室に入ることさえも防いでいます。ですから、ある人の命が非常に悲劇的な終焉を迎える緊急治療室またはICUでの話だけを人々が聞いているのなら、全容をわかっていないということです。彼らはここで、初期段階に戻る必要があります。そして国中の患者に対するロックダウンと恐怖の影響についても理解する必要があります。なぜなら、医師たちが証言し得る、多くの意図しない結果が生じているからです。

ステラ・インマヌエル医師:(20:30)
話してもいいですか。アンソニー・ファウチ医師への私のメッセージは、患者に聴診器を最後に当てたのはいつですか?ということです。私たちが日常的に診ているような患者を診始めれば、私たちが感じているフラストレーションを理解するでしょう。私たちのようなアメリカ人、最前線の医師たちの思いを、あなたも持ち始める必要があります。それに気づき始める必要があります。人々はあなたの言うことに耳を傾けています。もし彼らがあなたのところに行くならば、あなたは彼らに希望のメッセージを与えなければなりません。ヒドロキシクロロキンに効果があるという、すでにあなたがご存じのメッセージを彼らに与えなければなりません。

スピーカー6:(21:06)
戦士医師に質問があります。

シモーヌ・ゴールド医師:(21:09)
インマヌエル医師。

スピーカー6:(21:10)
インマヌエル医師、あなたは自身の患者を治療してきたいくつかの驚くべき結果を、前に言及されました。確か300人の患者と言いましたね。

ステラ・インマヌエル医師:(21:17)
はい。はい。

スピーカー6:(21:19)
調査結果と成果を公開することはできていますか?[聞き取り不能 00:00:21:22]。

ステラ・インマヌエル医師:(21:22)
現在、公開するために取り組み中です。それに取り組み中ではありますが、私が言いたいのは、サミュエル医師[聞き取り不能 00:21:29]のような方々がデータを公開しました。そして私の質問は、これによってあなた方が患者を診るようになるだろうということです。世界中にデータはありません。はい、私のデータは公開されるでしょう。それが公開されれば、素晴らしいことです。しかし今、人々は死にかけています。ですから、あなた方が患者を診るようになるのに、私のデータは重要ではありません。私はこれを、データばかりの話しをしている私の同僚たちに訴えています。

スピーカー6:(21:44)
もう1つ質問してもよいでしょうか。

シモーヌ・ゴールド医師

シモーヌ・ゴールド医師:(21:46)
ちょっとよろしいでしょうか。これに関しては、多くの[クロストーク00:21:49]データがあります。真剣に受け取ってもらうために、すべての臨床医がデータを公開する必要があるわけではありません。メディアはこれを報道していません。ものすごくたくさんあります。 americasfrontlinedoctors.comに概略が載っています。ヒドロキシクロロキンを扱うすべての研究の概略があります。死亡率はデトロイトで発表されましたが、それは…7月4日の週末でした。彼らはそれを発表しました。重症患者は半分の死亡率、早期に発症した患者については、患者の半数から4分の3は死亡しなかっただろうと推定されています。この方針に従えば、70〜100,000人の患者がいまだ生存していたでしょう。公開されているデータはたくさんあります。[クロストーク00:22:27]。

ステラ・インマヌエル医師:(22:26)
リッチ医師のもあります。リッチ医師は最近データを公開しました。ですから多くのデータが出回っています。私のデータを判断に使う必要はありません。

スピーカー6:(22:34)
もう1つ質問してよいでしょうか。数日前に[聞き取り不能 00:22:37]それ以外は健康で、COVID-19で亡くなったと結論付けられた少女がいたので、私はあなたの視点に興味があります。この少女が他のいずれかの状態で亡くなってからCOVID-19のせいにされたのかあるいは、彼女がなぜ(クロストーク00:00:22:52)なのか他のなんらかの理由があると考えますか。

ステラ・インマヌエル医師:(22:52)
私はその少女の病歴と何が起こったかを見るまでは、何も言えません。私は多くの家族を手当してきましたし、多くの子供たちを診てきました。彼らは通常軽度の症状を示しますが、私は診たことのない子供たちについて話すことはできません。

ボブ・ハミルトン医師:(23:07)
子供の年齢は何歳でしたか?

スピーカー6:(23:10)
彼女は9歳でした。

ボブ・ハミルトン医師:(23:10)
そうですか。確かに、この感染症で亡くなる子供たちはいます。現実には、子供たちが亡くなる場合は併存症があるようです。それぞれ個別のケースを見てみる必要があります。ユニークなことに、国全体では15歳以下の年齢でCOVIDで亡くなった患者は30人強います。 多くの場合、心臓病などの併存症があったり、喘息を持っていたり、他の肺の問題を抱えています。ですから私にはわかりません。この9歳の少女についての答えはわかりません、悲しいことですが。彼女は亡くなり、もう私たちと共にはいませんが、それを詳しく調べてみれば、おそらくそれには裏話があるでしょう。

スピーカー1:(23:48)
ハミルトン医師、学校が閉鎖されたための副作用で、うつ病になったり、自殺をした患者を診たことはありますか?

ボブ・ハミルトン医師:(23:54)
つまり、学校が開いていない状態で、中学校や高校での経験を考えると、常識的にも-

ボブ・ハミルトン医師:(24:03)
中高生のときの経験を考えると、どう思いますか?パーティや、フットボールの試合、社交などが思いつきますね。私たちが考えるのはそういうことですね。これらがすべて閉鎖されているのですよ、皆さん。もう誰も楽しんでいません。そして、これは他の子供たちや他の人々と交わりを持つ人生において重要な年であり、それが閉鎖されているのです。ですから、その通り、閉鎖に伴う併存疾患がたくさんあります。不安や、うつ病、孤独があり、虐待が起こっています。そして特別なニーズを持つ子供たちも、うまく対応できていません。したがって、人々を隔離してロックダウンすると発生する合併症が数多くあります。

スピーカー7:(24:48)
つまり、あなたが話していた内容の延長として、これらすべての研究と、母親が子供たちを学校に行かせたくないために、学校へ行くと子供たちが(コロナウイルスに)さらされるので学校に行くべきでないと、仕事に戻るのを恐れているという世論調査について聞いています。母親が学校に戻った場合、高齢者の祖父母は[クロストーク00:25:04]です。

ボブ・ハミルトン医師:(25:04)
そうですね、これは大きな問題です[クロストーク00:25:05]。

スピーカー7:(25:06)
話していただけますか?

ボブ・ハミルトン医師:(25:07)
承知しました。ええ、これは大きな問題です。人々は、子供たちがこの感染症を十分に許容できているという事実を知っていて、子供たちが特に病気になることは恐れていないと私は考えるからです。しかし、確かに、環境や、特殊で独特な家族にも焦点を当てて、ある状況では適切な恐れはあってもよいと考えます。しかし、私は一般的なコメントとして、国全体の原則として、子供たちを学校に戻すことはできると思います。たぶんあちらこちらの何人かの子供たち、彼らの生活状況、誰が彼らの世話をしているかが潜在的な問題になる可能性はあります。しかし、繰り返しになりますが、特に幼児は、成人に病気をうつしません。

スピーカー7:(25:52)
ヒドロキシクロロキンは…

ステラ・インマヌエル医師:(25:52)
それについてお話します。

スピーカー7:(25:52)
たぶん、インマヌエル医師か他のどなたかがそれについて話すことができるでしょう。

ボブ・ハミルトン医師:(25:53)
ええと、ヒドロキシクロロキン。[クロストーク00:25:56]。

スピーカー7:(25:53)
予防として。

ボブ・ハミルトン医師:(25:53)
予防できます。はい、それに使用できますよ。[クロストーク00:26:06]

ステラ・インマヌエル医師:(26:06)
私たちが言っているのは、ビジネスを開けることができないということです。学校に行くことができず、親は治療を受けるのを怖れています。そして私は個人的に、100人以上の人々にヒドロキシクロロキンの予防法を施しました。医師、教師、医療従事者の人々、私のスタッフ、そして私自身です。私は1日15〜20人、時には20、15、10人の患者を診察します。サージカルマスクを使用しています。感染していません。私の周りに感染した人はいません。これがこの質問に対する答えです。あなたは学校を開きたい、誰もがヒドロキシクロロキンを処方されるべきです。それがCOVIDの予防になります。隔週に1錠で十分です。そしてこれがアメリカ国民に伝える必要のあることです。予防と治療法があります。学校をロックダウンする必要はありません。ビジネスをロックダウンする必要はありません。予防と治療法があります。ですから、マスクについて、またロックダウンについて話す代わりに、これらすべてのことを話す代わりに、教師たちにヒドロキシクロロキンを与えてください。

ステラ・インマヌエル医師:(26:59)
リスクの高い方々にヒドロキシクロロキンを処方してください。それを望む人たちに。COVIDにかかりたいなら、それはそれでよいですが、ヒドロキシクロロキンを入手して予防する権利を得るべきです。それがメッセージです。私たちが話しているこれらすべて(対策)は必要ありません。ヒドロキシクロロキンに予防効果があるからです。ヒドロキシクロロキンはCOVIDの予防になります。

スピーカー8:(27:17)
最初、あなたが言われた…

ステラ・インマヌエル医師:(27:18)
ヒドロキシクロロキン。

スピーカー8:(27:21)
…ヒドロキシクロロキン、その薬が治療法だったわけですね。

ステラ・インマヌエル医師:(27:22)
治療法、そうです(肯定)。

スピーカー8:(27:25)
しかし、あなたはまた、亜鉛や他のものでも対処されたと言いました。

ステラ・インマヌエル医師:(27:27)
はい。

スピーカー8:(27:27)
また、以前の医者はそれを使用したが、彼らは間違った投与量でそれを使用したとも言いました。薬についての話ばかり聞きますが、適切な投与量は何ですか?適切な混合物は何ですか?

ステラ・インマヌエル医師:(27:39)
それはあなたが医者と話し合うことですが、[聞き取り不能 00:03:43]に話させてください。

スピーカー9:(27:45)
ええ、これは良い質問です。政治情勢全体がこの薬への恐怖を引き起こしているからです。対処していきましょう。この薬は非常に安全です。この薬はアスピリン、モトリン、タイレノールよりも安全です。非常に安全です。大丈夫。これらの多くの研究で問題となっているのは、国全体で非常に高い投与量、大量投与であったことです。彼らはリマップ調査、連帯試験を行いました。これは世界保健機関による試験であり、回復試験でもありました。彼らは初日に2400ミリグラムを使用します。予防のために必要なのは、200(ミリグラム)を週に2回です。彼らは大量の中毒量を使用しました。そして、何を発見したと思いますか?大量の中毒量を使用すれば、有害な結果が得られます。中毒量を与えれば薬は効きません。これは非常に安全な薬です。これは肺に集中し、肺で(の濃度は)200から700倍高くなります。

スピーカー9:(28:38)
血中では高濃度にならないが、肺で高い濃度が得られるため、これは素晴らしい薬です。ですから、あなたが予防するなら、ウイルスがそこに到達するとすぐ、ヒドロキシクロロキンがその侵入をブロックするので、ウイルスが通り抜けるのが難しくなります。そして、ウイルスが侵入した場合、ヒドロキシクロロキンがウイルスの実際の複製を妨げます。亜鉛が入ると、亜鉛はRDRPと呼ばれる複製機を台無しにします。ですから、薬を組み合わせることで、初期の病気において信じられないほど効果的になります。それ自体では、予防として非常に効果的です。質問の答えになりましたか?

シモーヌ・ゴールド医師:(29:15)
そうです。私はその質問は好ましいと思いますので、[聞き取り不能 00:29:20]医師が今言ったことを強調したいと思います。これは非常にシンプルな治療法であり、アメリカ国民の手に委ねられるべきです。困難な側面としては、現在、政治のために、医師がそれを処方することが阻害され、薬剤師がそれを自由に使うことが阻害されていることです。薬剤師には医師の意見を覆す権限が与えられています。なぜこれが店頭にないのでしょうか?これは世界のほとんど、そしてラテンアメリカのほとんどすべてで、イランで、インドネシアで、サハラ砂漠南のアフリカで手に入れることができますから、自分で買いに行くことができます。そして、服用量は、私の友人は200ミリグラムを週に2回、そして亜鉛は毎日です。それが服用量です。私はこれが店頭で売られることに賛成です。国民に与えましょう。国民に与えましょう。

モデレーター:(30:06)
この質問に答えることができ、この情報を知っている方々がもう2人います。

質問に答えるジェームス・トダロ医師

ジェームス・トダロ医師:(30:12)
こんにちは、ジェームス・トダロ医師[聞き取り不能 00:30:13]。ゴールド医師が言われたことにいくつかだけコメントを追加したいと思います。ヒドロキシクロロキンに対して組織的な攻撃が行われているかのように感じるのは、それが行われているからです。これほどの論争が薬によって引き起こされるなんて聞いたことがありますか?65年を経た医薬品であり、世界保健機関が長年にわたって安全で不可欠な医薬品のリストに載せているものです。多くの国で販売されています。今私たちが目にしているのは、多くの誤った情報です。そこで、コロナウイルスの治療薬の候補としてのヒドロキシクロロキンに関する最初の論文を共同執筆しました。これは3月のことです。それが、一連の論争の嵐の始まりとなりました。それ以来、私たちのような医師や、私たちが言っていることに対して、非常に多くの検閲が行われています。そして、私たちの多くはすでに検閲を受けています。私が共同執筆したそのGoogle文書は、実際にはGoogleによって取り下げられました。多くの研究はこの薬が効果的で安全であることを示しています。まだその記事を読むことはできません。そして、誤った情報が出ています。そして残念なことに、これは医学界の最高位にまで達しています。5月に、The Lancetに記事が掲載されました。これは、世界で最も権威のある医学雑誌の1つです。世界保健機関は、この研究のために、ヒドロキシクロロキンに関するすべての臨床試験を中止しました。そして、この研究を掘り下げ、これが実際に偽造されたデータであると判断したのは、患者のことを心配し、事実に配慮する私たちのような独立した研究者でした。データは実際のものではなかったのです。そして、私たちはこれを非常に説得力のある方法で行ったため、この研究は公開されてから2週間以内にThe Lancetによって撤回されました。これは、特にこの規模の研究では、ほとんど前例のないことです。

ジェームス・トダロ医師:(31:44)
ですから、多くの誤解があり、真実を知るのが非常に難しいという事実を皆さんに謝りたいと思います。そして残念ながら、真実を他のところで探る必要があります。だからこそ、本当の情報を伝える助けとなるように、最前線の医師会をここに設立しました。

スピーカー10:(32:00)
あなたの名前は何と言いましたか?

ジェームス・トダロ医師:(32:01)
ジェームス・トダロです。

モデレーター:(32:02)
あなたのウェブサイトを教えてください。

ジェームス・トダロ医師:(32:05)
私はほとんどの自分の考えを、実際にはTwitterで公開しています。ツイッターは近頃素晴らしいです。それで、ジェームス・トダロ、M D. T-O-D-A-R-O M-Dですが、私は他のメディアチャネルで発信されているよりもはるかに客観的であると思われるヒドロキシクロロキンに関する情報の多くを含む、medicaluncensored.comのウェブサイトも持っています。

スピーカー10:(32:28)
Twitterに関して一点だけ。私は医師の方々からだけでなく、メディアの他の人々からも(聞いて)理解しているように、YouTubeが特にヒドロキシクロロキンに関する情報をブロックしているというのは重大です。

ジェームス・トダロ医師:(32:42)
では、それについて手早くお話しましょう。FacebookとYouTubeは人々を沈黙させ、検閲するのに最も過酷な措置をとったと思います。そしてこれは、YouTubeのCEOとマーク・ザッカーバーグによるもので、世界保健機関の発言に反することはすべて検閲の対象となると述べています。そして、世界保健機関がこのパンデミックの間に多くの過ちを犯したことは皆知っていることです。彼らは決して完璧ではありませんでした。Twitterにはいくつかの欠点や欠陥があり、特定のコンテンツやものをフラグしますが、対話や、この情報に関するインテリジェントなディスカッションを共有するのに最も自由なプラットフォームの1つです。そして、今日ここにいる私たちの多くは、実際にそのようなソーシャルプラットフォーム媒体に接続しています。

スピーカー11:(33:21)
あなたが先ほど薬について話したことと、それがどれほど長く使われているかについて話していただけますか?

ジョー・ラダポ医師:(33:27)
いいですよ。私はジョー・ラダポ医師です。私はUCLAの医師であり、臨床研究者でもあります。そして、私はUCLAのためにではなく、自分のために話しています。ですから、私は、舞台裏であなた方が放送していたものを見ている人々のことを考えていると言いたい。そして、私はあなたと(情報を)共有したいと思います。なぜなら、現在は多くの論争があり、非常に対立した雰囲気になっていて、この医師のグループが基本的にしようとしていることは、Covid-19にどのように対処するかについての対話にもっと光を当てることであり、大きな挑戦だからです。これが最終的な目的です。そして、何かに光を当てるということは、トレードオフについてもっと考慮すること、また私の同僚の一人は、意図しない結果についてもっと考慮することを意味すると述べました。そして、私は実際、それさえも正しく言い得ていないと思います。正しい言葉は、予期しない結果です。私たちがいる非常に非常に異例の時代に、私たちが行う決定の意味について本当に考えることです。

ジョー・ラダポ医師:(34:45)
ですから、私は皆さんがヒドロキシクロロキンについての議論の一部を聞いて、これらの医者たちは何を言っているのか不思議に思っていると思います。彼らは患者を手当している、委員会、医学校、また大きな医学校等に認定された医師たちです。彼らはどうしてこんなことが言えるのでしょうか?私はCNNとNBCを見ていますが、彼らはこれについて何も言いません。そして実際、それが論点なのです。道徳的な問題は、実際には1つの意見のみがあるべき問題です。ですから、私にとっては、性別や人種、性的指向に基づいて人々の扱いを変えるか否かに関連する問題があり、個人的にはこれらは道徳的な問題であり、それらについての立場は1つしかないと思います。しかし、COVID-19は道徳的な問題ではありません。COVID-19は、私たちが複数の視点を持つことから利益が得られる、困難で複雑な問題です。ですから、誰もがメインの放送局の1つの視点しか聞いていないのは、アメリカ人にとって良くありません。それは助けにはなりません。だから、ほとんどの人が耳を傾けている視点は、ヒドロキシクロロキンに効果がないということです。これが、ほとんどの人が主流のテレビで聞いている視点です。

ジョー・ラダポ医師:(36:03)
これがほとんどの人が主流のテレビで聞いてきた視点であり、私もまた、ここで私の後ろにいる一部の医師たちよりももっとデータや研究をよく調べている医師たちと話をするまでは、その視点を信じていました。

ジョー・ラダポ医師:(36:17)
したがって、これまでにいくつかの無作為試験の結果が出ていることは事実であり、これが私たちの最高レベルの証拠です。ヒドロキシクロロキンの調査結果では、一般的に健康上の利点に大きな影響がないことがわかっています。つまり、無作為化対照試験の結果が出てきているというのが事実です…これまでのところ、そういう結果が出ています。実際、過去2週間に2つまたは3つの大きな結果が出ました。「Internal Medicine」や「New England Journal of Medicine」、その他もう1つの機関誌にも。

ジョー・ラダポ医師:(36:49)
また、いくつかの観察研究が行われていることも事実です。これらは、ただの無作為化比較試験でなく、この薬で治療を受けている患者が、ヒドロキシクロロキンにより症状が改善されることがわかっています。したがって、これらは両方とも真実です。これに対して不利な証拠と有利な証拠とがあります。また、私たちが非常に困難な時期にあることも事実です。これらの考慮事項を踏まえると、医師の薬物使用を制限することが正解であり得るでしょうか?それはおそらく正解ではあり得ません。そして、この薬がCOVID-19以前に何十年もの間、関節リウマチの患者、狼瘡の患者、他の状態の患者、西アフリカに旅行するためマラリアの予防が必要な患者によって使用されていたことを考えると、私たちは長い間使用してきましたが、突然、毒薬のように扱われるようになったわけです。まったく腑に落ちないことです。

ジョー・ラダポ医師:(37:59)
次に、世界最大のジャーナルの2つであるNew England Journal of MedicineとLancetが、私の同僚が言うように、興味深いことにヒドロキシクロロキンが患者に害を及ぼしていることを発見した研究を撤回したという事実に付け加えれば…これらの研究を両方ともです。彼らはこれらの研究を撤回しなければなりませんでした。これは本当に前代未聞です。いったい何が起こっているのか、皆の懸念が引き起こされるはずです。少なくとも、私たちがヒドロキシクロロキンの有効性について意見の相違がある世界に住んでいることは納得できるけれども、さらに多くのデータを得、その薬の専門知識を持っていると考える医師がその薬を使用し、それについて話し、学び、COVID-19にかかった人々をより良く助けることは可能です。

ジョー・ラダポ医師:(38:50)
ですから(この分野に)私たちがいないというのは良くない。それは理にかなっていないし、そこから抜け出さなければなりません。

ステラ・インマヌエル医師:(38:58)
聞いてください、少しだけお話ししましょう。私は350人の患者を診てきたし、その数を数えています。彼らにヒドロキシクロロキンを処方しました。彼らはみな回復しました。私がこれらすべての研究に対して言えることは、彼らが高用量を間違った患者に投与したということです。私はそれらを偽の科学と呼びます。ヒドロキシクロロキンが効かないと言う研究はすべて偽の科学であり、どのように効かないのかを見せてほしい。どうして私の350人の患者には効いて、彼らは全員生きているのに、誰かがそれを効かないと言えるのでしょうか? 皆さん、彼らの研究はすべて、偽の科学です。

シモーヌ・ゴールド医師:(39:30)
質問は何でしたか? ありがとうございました。

スピーカー14:(39:31)
最後の質問です。

シモーヌ・ゴールド医師:(39:31)
はい、最後の質問ですね。

スピーカー13:(39:35)
学校の休業と一時閉鎖の結果として、不安、自殺念慮、薬物乱用、さまざまなメンタルヘルスの問題が増加すると聞いています。[聞き取り不能 00:39:48]あなたは、プログラムへの連邦政府の資金提供がこれらの問題への対処に役立つことを勧めますか?

シモーヌ・ゴールド医師:(39:54)
そうですね、私はあなたがなぜその結論に達したかわかりません 問題が学校の閉鎖であり、それが原因である場合は、学校を開く必要があります。

スピーカー14:(40:03)
[聞き取り不能 00:40:03]メンタルヘルスケア[クロストーク00:40:05]。

シモーヌ・ゴールド医師:(40:06)
はい、私だったら学校に行きますね。学校を開きます。なぜなら、子供たちにとって最も重要なことは、社交であり、他の子供たちと一緒になり、学ぶことだからです。そうです。[クロストーク00:40:14]ええ。子供たちを学校に戻しましょう。

スピーカー14:(40:17)
それは信じないのですか?

シモーヌ・ゴールド医師:(40:20)
子供たちを学校に戻すこと。私たちは子供たちを学校に戻すことを支持しています。

スピーカー15:(40:22)
皆さんありがとうございます。[クロストーク00:04:24]。どうもありがとうございました。ライブに戻ってサミットを継続しますので、続けて視聴することができます。戻ったら、放送します。

スピーカー16:(40:35)
どうもありがとうございます。[聞き取り不能 00:40:45]。

ステラ・インマヌエル医師:(40:38)
それは偽の科学です。[クロストーク00:04:50]。それは偽の科学です。

シモーヌ・ゴールド医師:(40:50)
そのとおり。私はあなたを信じます。私はあなたを信じます。[クロストーク00:40:52]。

医師1:(40:54)
より専門的なものなので、延期する必要があります。

スピーカー18:(40:55)
あなたは、うつ病が-

医師1:(40:56)
そのうつ病は亜鉛濃度が低いことが原因です。最近は病院に行っても、亜鉛レベルを調べることはしません。亜鉛レベルの低下は、嗅覚の喪失、味覚の喪失によって明らかになります。そういえば、これはCOVIDの症状でもありますよね?COVID、嗅覚の喪失、味覚の喪失ですね?理由は、亜鉛はCOVIDと戦うのに使用される自然のものだからです。亜鉛はRNAポリメラーゼを停止させるもので、ヒドロキシクロロキンにより、細胞内への亜鉛の侵入が可能になります。

スピーカー18:(41:33)
不思議に思うのですが-

医師1:(41:33)
RNAポリメラーゼを停止するには

スピーカー18:(41:35)
なぜならそこには-

医師1:(41:36)
ちょっと待って。

スピーカー18:(41:36)
それは暗に-

医師1:(41:37)
その背景の科学をお話ししましょう。あなたの研究室が[クロストーク00:41:41]の場合は…わかります。

スピーカー18:(41:43)
はい。

医師1:(41:43)
もう少し良く説明しましょう。亜鉛はRNAポリメラーゼを停止させ、通常のCOVIDとの戦いで細胞によって使い果たされます。ですから、ヒドロキシクロロキンを服用したことがない場合でも、亜鉛は減少します。米国では自然にしていても亜鉛の消耗状態にありますが、COVIDによって亜鉛がさらに減少し、ウイルスと戦うために亜鉛が必要になります。だから、あなたのお母さんはいつも「亜鉛を取って」と言っていましたよね?

スピーカー18:(42:04)
精神病棟の子供たちの問題は、亜鉛レベルが低いということですか?

医師1:(42:11)
いえいえいえ。COVIDについて話しています…[聞き取り不能 00:06:13]。

スピーカー18:(42:15)
はい。私の質問は、セラピスト、ソーシャルワーカー、および他の第一線の労働者が、あなたの同僚がおっしゃったように、政府の閉鎖と学校の休業により、自殺念慮、薬物乱用、不安が高まっているという心理的な問題に対処するのを支援するため、連邦資金を転用する必要があるかどうかに関するものでした。ですから、これらの環境要因により、メンタルヘルス問題が引き起こされたわけです。問題に対処するこれらの機関が、それを支援する、より多くの資金を受け取るべきであるというのは当然のことではありませんか?

医師1:(42:47)
精神科医の同僚に任せましょう。

スピーカー18:(42:50)
彼は私の質問を聞いていません。[クロストーク00:42:51]。

医師1:(42:51)
最初に、生物学的基礎、つまり亜鉛、ビタミンD、ビタミンD欠如に対処する必要があります。私たちは牛乳を廃棄しています。

スピーカー18:(43:03)
そうですか、私はそれについては知りません。

医師1:(43:04)
私たちは牛乳を廃棄しています[クロストーク00:07:05]。現在、私たちは牛乳を糞尿ピットに廃棄しています。もし私たちが団結すれば-

医師2:(43:09)
ええ、信じがたいことにね。

医師1:(43:10)
学校に通っていない子供たちにそれを与えれば、かなりの助けになるでしょう。

スピーカー18:(43:14)
はい。

医師1:(43:14)
では、私の同僚にお任せしましょう。

スピーカー18:(43:17)
ですから私の質問、私はまだそれについて明確な答えをいただいていません-

医師2:(43:19)
がんばって答えましょう。公共政策は私の専門知識ではありませんが、答えられるよう努力します。

スピーカー18:(43:23)
ああ、それは本当はですね…実際、私の専門知識でもありません。しかし、あなたの同僚が学校の休業と政府の閉鎖の結果として自殺念慮、不安、薬物乱用、およびその他のさまざまな問題が増加した結果、連邦政府の資金を第一線のワーカー、ソーシャルワーカー、メンタルヘルスセラピストに転用されるべきではないかと思ったのですが?

医師2:(43:45)
これがあなたの質問への答えです。私の見方はこうです。私たちが訴えているのは、すでに害が発生しているということ。ですから、質問への答えは、すでに害が発生している。その害について私たちは何をすべきか?政府内部の仕組みはわかりませんが、すでに害が発生していること、そして私たちがそれをどうにかしようとしていることは、理にかなっています。医師としての私にとって、害が発生することがわかっているなら、あなたと私がすでに車にひかれたことがわかっているなら、私が理にかなっていると思うのは、進んで病院に行って-

スピーカー18:(44:10)
私の仕事仲間の人たちが、子供たちや大人たちを助けることができるようにするための資金が本当に不足しています。

医師2:(44:12)
ええ、私はそれはとても理にかなっていると思います。ですから、私には、それは理にかなっていることで、公正だと思います。

スピーカー18:(44:20)
十分に考慮された懸念に感謝します。それが一種の懸念だけで止まってしまい、行動に続かないという感じです。議会はそうではないかもしれませんが、彼が誰なのか知りません。おそらく、あなたは実際の[クロストーク00:08:31]を言うことができるでしょう。

Rev (https://www.rev.com/blog/transcripts/americas-frontline-doctors-scotus-press-conference-transcript)

トランプ大統領は、自身のツイッターアカウントで、この記者会見の動画を「America’s Frontline Doctors on COVID-19」と題してシェアし、何度もリツイートした。しかしこれさえも、これを支持した大統領の息子ドナルド・トランプジュニアのツイッターとともに、検閲によって削除されてしまった。

民主主義の国アメリカでは、憲法によって言論の自由が保障されているはずだが、この一連の出来事は、それが全く無視されているように見える。たとえ一部の人々にとってそれが自分の意見と対立する「間違った」情報であっても、第三者である国民は、すべての側の意見を聞く自由が与えられるべきだ。そして何が正しいかを自分で判断する権利を持つことが、自由の国、民主主義の国のあるべき姿ではなかろうか。

行政命令にサインするトランプ大統領

幸いなことに、記者会見の翌々日にトランプ大統領から出されたオンライン検閲に関する行政命令により、今ではAFDが発信しているすべての情報にアクセスすることができるようになった。この記事に記載したのは、2日間にわたる会見の最初の部分である。詳しい内容を知りたい方は、直接AFDのウェブサイトかフェイスブックを参照されることをおすすめしたい。

参考文献》Rev, Nusfeed, Breitbart, America's Frontline Doctorsのウェブサイト, America's Frontline Doctors'Facebook, Wikipedia, Gateway Pundit

クローズアップ

新型コロナウイルスワクチンが黙示録の「獣の印」と噂される理由

mm

Published

-

By

マイクロソフトとビル&マリンダ財団のビル・ゲイツ会長は、2015年のテッドトークで、エボラに続く次のパンデミックの到来を予測し、我々世界はまだそのための備えができていないと指摘した。それから約5年。2020年に起こったコロナウイルスのパンデミックに際し、ビル&マリンダ財団は、コロナウイルスワクチン開発のために億単位の資金を提供することを発表した。ビル・ゲイツ氏はあるメディアインタビューで「コロナウイルスのためのワクチンができなければ、日常生活に戻ることはできない」と語っている。

現在、世界では150種類以上のコロナウイルスワクチンが開発途上にある。そのうちすでに臨床試験を始めたものが27種類あり、その中にビル&マリンダ財団が資金を投入しているアイノビオ・ファーマスーティカル社(米)やキュアバック(独)も含まれている。早いものでは、2020年秋以降の実用化を念頭に入れているところもあったが、数々の深刻な副作用の事例が発生し、治験の中断を余儀なくされたところも少なくない。しかし11月9日、アメリカの製薬大手企業のファイザーとバイオテクノロジー企業BioNTech SEが開発中の新型コロナウイルスワクチン「BNT162b2」が、約4万4000人を対象とした第3相試験で「90%を超える予防効果がある」という結果が出たと発表された。また、製薬大手モデルナも16日、約3万人以上の第3相試験で94.5%の有効性を確認したと発表した。インフルエンザのワクチンの有効性が3~5割程度と言われるなか、「90%超」に対して関係者の間で驚きが広がっている。これに関し、11月17日の衆院厚生労働委員会において参考人の宮坂昌之・大阪大名誉教授(免疫学)は、「現在の治験規模では、副反応リスクがどのぐらいあるかわからない。問題は安全性だ。」として、安易な期待の高まりに警鐘を鳴らした。

米国国防総省(DoD)は今夏、保健福祉サービス(HHS)と提携して5億個のApiJectワクチン注射器を購入したことを明らかにした。発送開始は2020年10月である。製造会社のWebサイトによれば、ApiJect注射器にはオプションのRFIDデバイスが付属しており、医療従事者が注射器のGPS位置を追跡し、使用済注射器のIDを記録できるようになっている。サイトには更に次のようなことが書かれている。「このアプリは、政府が選択したクラウドデータベースにデータをアップロードします。 集計された注射データは、健康管理者にリアルタイムの「注射マップ」を提供します。」

ApiJect社出荷風景( ApiJect Website)

国防総省はまた、注射器が「安全で実績あるワクチンが利用可能になったときに、COVID-19と戦うのに適したものである」とも述べている。1億3,800万ドルの契約において明記された目標は、「2021年に5億個を超えるプレフィルド注射器を生産すること」だ。

米国の全人口は約3億2,700万人にすぎない。つまり、このプロジェクトでは、米国民すべてを対象とするのに十分すぎるほどのコロナウイルスワクチンが生産されることになるわけだ。トランプ大統領は5月14日のインタビューで、「コロナウイルスワクチンは年度末には準備できるだろう。準備でき次第、軍を動員してワクチンを届けるつもりだ。非常に多くの人々に迅速に届けられるだろう。」と語った。
国の人口をはるかに超えるワクチン生産数、そして軍を動員しての接種は、このワクチンが全国民を対象としたものであり、強制的なものになり得ることを暗示するものではなかろうか。そして使用される注射器はGPSによる追跡ができるため、どこの誰に接種したかも容易に確認できるようになっている。

実用化にしのぎを削るワクチン開発大競争だが、本命のワクチンはもうとっくに完成しているという噂もある。本命のワクチンとは、ローカルな一時しのぎのものではなく、全世界に普及する共通の統一ワクチンのことだ。それを、上記のようなGPS探索機が付属した注射器を使ってどこの誰に接種したかを記録し、全世界のあらゆる国と人々を1人も漏らさずに網羅することにより、世界をウイルスの脅威から完全に救い出すという名目のものである。これを聞くと、ワクチンはこのパンデミックを収束させる素晴らしい解決策のように聞こえるが、本当にそれほどの効果のあるものなのだろうか?ワクチンの中身はいったい何なのか?

アロパシー医学、小児医学の分野を経てアメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)及びアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)の対策部門で20年の経験を持つセレスティ・ビショップ・フォーラムは、このワクチンについてこう述べている。

「COVID-19ワクチンの主な原材料には、中絶した胎児の胎児幹細胞、ヒト化マウス、ヒト化植物が含まれています。ヒト化マウスとは、人間の血液、人間の臓器、人間の免疫システムを持つマウスであり、ヒト化植物とは、人間のDNAとたんぱく質を植物の維管束系に接種したものです。

セレスティ・ビショップ・フォーラム( Israeli News Live)

それから、DARPAハイドロゲルセンサーも使用されます。これは、ゼラチンの形態のナノ粒子であって、10年前から開発されているものです。このナノ粒子は、人間の皮膚に接種されると、一か所に集まり、人間の細胞を利用して(靭帯や骨を悪用して)成長を始めます。マイクロチップであれば取り出すことは可能ですが、これは人体と1つに融合して人体内部で成長していくため、取り出すことは不可能です。この結果、人体はAI、インターネットオブシングス(IoT)と一体となり、それ自体のコンピュータまたはデバイスのインターフェースとなります。」

これにより、その人体の持ち主である人間の意思とは関係なく、人体のあらゆる情報が自動的に発信され、それがその人間の近くにある、例えばスマホなどのデバイスがセンサとなって受信し、その受信した情報は役所や公衆衛生の専門機関へ送られることになるという。

「将来、老若男女問わず、このセンサを持つことが要求され、頭痛や喉の痛みで自身の病気に気づく前に、公衆衛生の役人がそれを最初に知ることになります。また、運動を適切にしているか、食事をきちんととっているか、何のサプリを摂取しているか、飲んでいる水に化学物質が含まれているか、薬を正しく摂取しているか、薬を摂取していないかなど様々なこともチェックされます。」

そして病気であると遠隔診断されれば、当人がそれに気づく前にいきなり役人が家に訪ねてきて、隔離施設へ連れて行かれるという可能性も出てくるというのだ。まるでひと昔前に見たSF映画の世界である。そんなことが本当にあるのだろうか。ところが昨年から今年にかけて、気になる事実が明らかとなった。今年3月にマイクロソフト社が取得した特許第WO/2020/060606号である。これは、4月22日に国際出願として認可された。

この国際特許の要約にはこう書かれている:「ユーザに提供されたタスクに関連する人体活動は、暗号通貨システムのマイニングプロセスで使用できる。 サーバは、サーバに通信可能に接続されたユーザのデバイスにタスクを提供することができる。 ユーザのデバイスに通信可能に結合された、またはデバイスに含まれるセンサは、ユーザの身体活動を感知することができる。 身体活動データは、ユーザの感知された身体活動に基づいて生成され得る。 ユーザのデバイスに通信可能に接続された暗号通貨システムは、身体活動データが暗号通貨システムによって設定された1つ以上の条件を満たすかどうかを確認し、身体活動データが確認されたユーザに暗号通貨を授与する。」

つまり、暗号通貨と引き換えに人間の毎日の身体活動を監視するチップが体内に挿入され、 条件が満たされた場合に、その人間が何かに使うことができる特定のボーナスを受け取るということだ。マイクロチップを人体に挿入するというアイデアは、今に始まったことではない。しかし、今回のようにマイクロソフト社がかかわっているというのは興味深い。特に、この特許に付与された番号の060606は偶然なのか、それとも狙ったものなのか。まるで、ヨハネの黙示録に書かれた数字666を示唆しているようだ。

また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。」

ヨハネの黙示録13章16節~18節

ここには、「すべての者に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。」と書かれている。そしてこの刻印はその獣の名前であり、それは数字「666」であるというのだ。

2019年10月28日にニューヨークで行われたイベント201の会合に出席したビル・ゲイツ氏は、ある質問に答えて、誰がワクチン接種を受けたかを追跡する「デジタル証明書」について言及した。この「デジタル証明書」は、その人間のCOVID-19についての罹患歴、検査結果、そしてワクチン接種の有無を示すものである。7月26日のニューイングランド州の医学情報誌の新聞に、「ワクチン接種を拒否する者には、厳しいペナルティを課すべきだ」という内容の記事が載った。この記事によれば、ペナルティには仕事を失うことも含まれ得るという。そしてワクチン接種は、「強制的なもの、絶対的な要求」であるべきだと述べた。

8月6日のUSA Todayには、「すべての人にワクチン接種を要求して、COVID-19を打ち負かそう。これは反アメリカではなく愛国心だ」というタイトルの記事が載った。執筆者は、マイケル・レダーマン医学教授他2名である。これによると、アメリカがコロナウイルスとの闘いに打ち勝つ唯一の方法は、全国民にコロナウイルスワクチンを強制することである。それについて、医学的な理由での拒否は許容するが、宗教的な理由での拒否は許容しない。しかし、少なくともアメリカ国内人口の3分の1は、ワクチン拒否者だと言われている。そんな中、強制するにしても、さすがに手足を拘束してまでこれらの人々に無理やり接種するわけにもいかない。すると、アメリカ政府と社会はどのようにして予防ワクチン接種を確保できるのだろうか?答えは、数々のペナルティを課すことによってである。この記事には以下のようなペナルティが提案されている。例えば・・・

ワクチン拒否者は、税金控除の恩恵が受けられない、政府の給付金を拒否される。予防接種を拒否することによって自分自身と他人を危険にさらすことになるとして、喫煙者の場合のように高い保険料が課される。民間企業による雇用またはサービスを拒否される、子供たちは学校に出席することが拒否される。公共および商業輸送会社(航空会社、列車、バスなど)に乗車拒否される、予防接種の証拠なしには公立および私立の講堂に入場できない、などである。

オーストラリアのニュースメディア「THE CONVERSATION」は、8月6日、ワクチンの強制に関して以下のような記事を記載した(一部抜粋)。

COVID-19ワクチンは強制すべきか?これはワクチン拒否者にとって何を意味するのか?

・・・ワクチン接種を拒否した結果は?

・・・人はそれでもワクチン接種を拒否する権利を行使できるが、政府は他の権利と自由を制限することができる。

実際、(ワクチンを拒否することによって)他人の健康と生命を危険にさらした場合、これは旅行や学校や職場へのアクセスがなくなることを意味する可能性がある。同様に、ワクチン接種の拒否により、仕事仕事や社会福祉の給付金が制限される可能性がある。

by クレア・ブリーン, THE CONVERSATION

現在、中国政府は、健康状態追跡アプリの使用を推奨している。上海では、人々は元通りの生活に戻りつつあるが、第2波の流行を防ぐために「キュア・コード」というものが使われるようになった。これはいわゆる、普通の社会生活を送るためのパスポートとして機能し、買い物で入店する際などに、客は自身が健康であることを示す緑のQRコードを店側に提示しなければならない。このコードは、いくつかの要因によって色が変わるようになっている。例えば、過去2週間前の旅行履歴などがそれに挙げられ、要注意と判断されれば、赤のQRコードが表示されて、その間は入店することができない。

スマホのQRコード( Amazing Word Ministries)

ある男性は、健康であるにも関わらず、旅行後2週間の自主隔離後、しばらく赤のQRコードが表示されてオフィスビルに入ることができず、職場に復帰することができなかった。しかも、いつどうなればコードが緑になるのかもわからず、相談する相手もいなかったと言う。幸いなことに、彼のコードは2、3日後に突然緑に変わったため、それ以来、普通の社会生活が送れるようになった。

このコードを分析した専門家は、このアプリにいったん登録すると、その登録内容は政府ではなく、警察に送られるようになっていると言う。しかも、アプリの説明には一切そのようなことは記されていない。なのにも関わらず、なぜ、犯罪者でもない一般の人たちの登録内容が、このアプリを推奨している政府ではなく、警察に直接送られるのだろうか?それを知ってか知らずか、インタビューに答えた店員や、しばらく職場復帰が阻まれた上記男性も、このアプリによって職場や店が安全なことがわかって良いと話す。

今後、ワクチンの実用化に成功すれば、ワクチン接種の有無も、このようなデジタルパスポートに追加されることになるだろう。今はスマホのアプリを使っているが、ワクチンによりセンサーが人体に挿入されることになれば、今後は何も持たなくても機械が人体から発信される情報を読み取って判断するようになる。それには、「ルシフェラーゼ」という発酵酵素が使われるという話もある。これは、発光物質が光を放つ化学反応を触媒する作用を持つ酵素の総称である。興味深いことに、この名称の由来は、聖書にある有名な堕天使ルシファーと同じ「明けの明星」という意味を持つラテン語である。なぜ悪魔の別名をわざわざ付けたのかはさだかではないが、このワクチンの中身、そして今後の行く末にさらなる不気味さを増すには十分すぎるほどであろう。

参考文献: The Bipartisan Press, BreakingIsraelNews, Amazing Word Ministries,USA Today, THE CONVERSATION, Gigazine, 京都新聞, 毎日新聞, ApiJect

Continue Reading

政治

アメリカはなぜ、憲法を無視し始めたのか コロナが理由の人権侵害に波紋

Published

-

By

米国のトランプ大統領は2020年3月14日、コロナウイルスの感染拡大を受けて「国家非常事態宣言」を行った。この非常事態宣言により、州知事は、火災、洪水、地震及び疫病の流行等の災害状況において、そのような災害への対処の促進又は支援に必要であるならば、 すべての法令、地域法、又は規則を「一時的に保留する」ことができる、大幅に拡大した権限を得ることになる。

プロテスタントの国アメリカ、共和党は、王不在の政治、独裁的な権力のない政治を主張してきた。しかしこの権限は、戒厳令と比較して、疫病の世界的流行に対処するよりもはるかに広い権限を
州知事に与えることになる。このため、共和党はこれに対して反対の声を上げていた。

そして今、アメリカ国民は、州知事によるコロナ対策としての戒厳令の下で、束縛された生活を送っている。各州知事は様々な対策を行っているが、中にはその道理性が疑われるものも少なくない。仕事ができずに収入が断たれた経済不安の中、市民の不満は非常に高まっており、4月16日(木)には、ミシガン州のグレッチェン・ウイットナー州知事の自粛を延長する発表に、数千人もの市民たちが反発し、州都に結集してデモを行った。

ミシガン州都で抗議デモに参加する人々 (NBC news facebook)

FOX newsのキャスター、タッカー・カールソンは同16日、ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事とのライブインタビューの中で、州知事が下した数々の判断について繰り返し疑問をぶつけた。以下は、そのインタビューの内容の一部である――

 

 Tucker Carson and New Jersey Gov. Phil Murphy (FOX news)

カールソン「ロックダウンに対する道理性についてお伺いします。ロックダウンは、感染の増加や、医療の崩壊を抑えるためのものでした。現在は、医療の崩壊にはわずかに至らずに済んでいます。そして今日、知事は記者会見で、今度は『感染がゼロにならない限り、ロックダウンを継続する』とおっしゃいました。なぜ、(方針が)変わったのですか?」

マーフィー知事「我々は、健康管理の状況が元に戻らない限り、経済状況も再生することができないと信じています。感染数が抑えられれば、入院も集中治療も減り、必要な医療従事者の数も減ります。もし今解除してしまうと、ニュージャージー州では300万人以上が感染することになるでしょう。私が今日言及したのは、高校の卒業式や、宗教的な集会に対してです。まだまだ厳しい状況が続くでしょう。この夏まではどうなるかわかりません。」

カールソン「私がお伺いしたいのは基準についてです。多人数での集まり、例えばスポーツゲームや宗教プログラムなどを新たな感染が全くなくなるまで禁止するということですが、他の感染性のある疾病に関しては、例えそれが多数の人を死に至らしめる病気であっても、このような基準はありませんでした。この違いはなぜですか?」

マーフィー知事「基準に違いはありません。たぶん私の言い方のせいかもしれません。現実としては、今、解放して経済が再生したとしても、ワクチンがない限り、感染をゼロにすることは不可能です。ワクチンができるのは1年か1年半後のようです。我々が今必要なのは、更に充実した検査体制です。これがあれば、我々は多大な自信を持って、感染者数の多い場所を特定し、感染経路を明らかにして、対処することができます。」

カールソン「もし検査体制を充実させることができたら、この感染症の死亡率がどうなると期待されますか?」

マーフィー知事「わかりません。これまでの経過から、インフルエンザよりは有意に高いと思われます。インフルエンザにはワクチンがあります。私も毎年受けています。これに対する特定の回答はありません。この州では3千人以上が死亡しました。世界的に検査を行っていく必要があると思います。」

カールソン「つまり、知事は毎年のインフルエンザと比較されるわけですね。インフルエンザにはワクチンがあります。ほとんどの指導者たちが言及しているワシントン大学による研究では、8月4日までに(コロナウイルスで)6万人が死亡するだろうと言われています。これは、ワクチンのあるインフルエンザの死亡率よりも低い数字です。これが、ワクチンに対する知事のご信頼をぐらつかせることはないのですか?ワクチンが最終的な解決策ではないかもしれませんよ。」

マーフィー知事「それによって、私の自信がぐらつくことはありません。ワクチンに対する信頼もです。専門家は、1年か1年後には(ワクチンが)できると言っています。もし、死亡率が6万人とするならば、それは現在のわれわれの努力が実ったおかげだということです。家にいること、互いに距離を保つことで、感染が抑えられていると信じます。」

カールソン「特定の対策についてお聞きします。宗教的な集会は禁止されましたが、酒屋は必要不可欠なものとして営業を許されています。なぜでしょうか?どんな科学的証拠があって、このような判断をされたのですか?」

マーフィー知事「2つあります。まず1つ目、酒屋については裏で人が集まるという問題があるので、酒屋は営業するが、集まりはしないようにと伝えています。そして、アルコール依存症を立ち直らせるコーチたちから、酒屋が営業停止になった場合の精神衛生に対する影響の懸念が出されました。ですから、これは続けます。」

カールソン「しかし、知事は宗教的な礼拝とシナゴーグでの礼拝を禁じ、それに出席しようとした人たちを逮捕しました。知事に『信仰を実践することは、ある人たちにとって精神衛生的に重要である』と言う人はいませんでしたか?」

マーフィー知事「全ての信仰指導者たちと、我々は共通の素地がありますから、彼らは理解してくれるでしょう。酒屋であっても、ドラッグストアであっても、スーパーであっても、我々は人々が互いに距離を保つことを期待しています。現在、多くの信仰、そして実践が行われています。我々は彼らの肉体的な健康及び精神衛生にも配慮しています。」

カールソン「今一度お聞きします。どんな科学的証拠を基に、教会に出席することが、酒屋で酒を購入するよりももっと危険であると判断したのですか?この決断をしたのが知事だけでないのは理解しますが、税収入と関係があるのですか?」

マーフィー知事「税収入とは関係ありません。私はユダヤ系コミュニティやイスラム教のコミュニティの指導者たちと話をしました。誰もこのことについて喜んでいる人はいません。誰もが普通に戻りたいと願っています。私もそうしたいです。しかし、ニュージャージーの今の状況ではそれはできません。」

カールソン「2週間ほど前に、知事は州立公園を閉鎖しました。人々は公園で休み、1人でビーチに座っている人もいました。それがどんな危険をもたらすのか、どんな科学的証拠を基に決断されたのですか?」

マーフィー知事「気候が暖かくなってきていましたし、大きな宗教行事が行われる時期でもありました。過越の祭や、イースターにも差し掛かっていました。特定の地区では、公園を閉鎖し始めていました。懸念されたのは、いつもの公園に行けなくなった市民たちが、別の地区の公園に行くようになることでした。そして4月の最初の週末、そのような様子が見られました。たくさんの人が集まり、別の州のナンバープレートの車が多くみられました。私にとっても苦渋の決断だったのです。」

カールソン「科学的な話がしたいのですが。指導者の方々は皆、疫学者の指導に従っておられると思いますから。ビーチに1人で座って休んでいる人を逮捕することが、どうしてコロナウイルスの感染を阻止することになるのか、疫学的な観点から説明していただけますか?」

マーフィー知事「私はそれについては言及しませんでした。どのようにそれが起こったのかわかりません。気候が暖かくなり、大勢の人が集まり、互いとの距離が取れていませんでした。そして駐車場には外からのナンバープレートの車が多くいました。我々は北東部において最高の公園を持っています。本当に苦渋の決断でしたが、正しい判断を下さなければなりませんでした。」

カールソン「とにかく、知事はその決断をして、シナゴーグに集まっていた15人の人が逮捕され、シナゴーグに集まっていたということで起訴されました。ご存じの通り、権利宣言では、アメリカ人が宗教活動をし、平和に集う権利を保護しています。知事はどんな権限をもって、憲法を無効にし、この命令を出されたのですか?どのようにしてそのような権力を持たれたのですか?」

マーフィー知事「私は、この判断をした時に、権利宣言については考えていませんでした。我々は最初、科学的データを見て、人々が距離を保たなければならないと判断しました。感染数を抑えるには、それがベストだったのです。入院数を抑えて、最終的に死亡率を下げる・・」

カールソン「それはもちろんわかっています。私はそれに反対していません。新たな事実が毎日出て来て、この議論についての結論は出ていませんよね。私が知りたいのは、知事は、政府の行政官ですから、知事がどのように、アメリカ憲法の権利宣言に明らかに反することをする権限を持たれたのかということです。」

マーフィー知事「それはですね、つまり、1番目に、われわれは互いに距離を保たなければならないことがわかっているからです。2番目は、我々の州に当局者を迎え入れたこと。3番目、我々は、ニュージャージー州のあらゆる指導者たちと調整したり話し合ったり、なだめたりせずには何も決めていません。」

カールソン「もちろん、いろんな司祭やラビの方々とお話されたであろうことは、わかります。最後に、更に深く掘り下げた質問をさせていただきたいと思います。きっと知事もこれを考慮されたことと思います。州知事として、人々がいつ誰とどこで話をするかを命令することはできません。なぜなら、アメリカ合衆国憲法はこれらの全ての基礎であり、そのようなことを禁じているからです。これをするにあたって、知事は弁護士に相談されましたか?これには、医療問題だけでなく、法律問題が関わってくると思いますが。

マーフィー知事「もちろん、弁護士に相談せずには何もしません。それは保証します。シナゴーグとは関係ありませんが、例えを申し上げましょう。私は、ニュージャージー州のジョー・トビン枢機卿に電話をしました。イースターが近づいていたので、私は『ドライブスルーの聖餐式についてとても心配している』と話しました。なぜなら、ウイルスに感染していると知らずにうっかりうつしてしまった司祭の話を聞いたからです。すると彼は『我々はそれはしません。仲間の司教たちにもそれを徹底することをお約束します』と言いました。これは、人がいかなる形においても礼拝する権利を奪うものではありません。我々は別の形で礼拝する方法を見つけなければなりません。」

カールソン「我々は、人々の礼拝の仕方を決めることは許されていません。最後の質問、真剣な質問です。これらの命令を皆、苦痛を感じつつも良き信頼をもって従ってきたと、私は推測します。57万7千人のニュージャージーの人々が失業しました。これにより、疑いもなく自殺率が上がり、飲酒が増えるでしょう。先ほどお話したように、酒屋は営業していますから。知事は、これについてどのような重みを感じていらっしゃいますか?このロックダウンによって生じた苦痛は、ウイルスが与える苦痛以上のものであると思いますが。」

マーフィー知事「毎日自分自身に問うています。『これは正しい判断だろうか?』と。そしてその答えは、2つです。1つ目は、我々は事実、科学的データを基にできる限り最適な決定を行っているということ。2つ目は、今我々が行っていることと、代替策とを比較していること。そして代替策として我々が戒厳令を取り下げた場合、300万人以上のニュージャージーの市民が感染し、健康管理システムが対処不能になり、死亡率が倍増するでしょう。1つ1つの命は、貴いものです。代替策を考えましたが、もし今バンドエイドを外して直接対処をしようとすれば、事態は更に悪化するはずです。」

 

以上が、15分ほどのインタビューの要約である。このニュージャージー州のマーフィー知事の対策は、ほんの一例だ。タッカー・カールソンはマーフィー知事に率直な質問をぶつけているが、マーフィー知事の回答は的を射ていないように聞こえる。おそらく、答えようがないのだろう。なぜなら、真っ当に答えれば、憲法違反を認めることになるからだ。

President Trump at White House press conference (Right Side Broadcasting Network)

このインタビューが行われた次の日の金曜日、トランプ大統領は、「ミシガン州を自粛解除せよ」、「ミネソタ州を自粛解除せよ」、そして「バージニア州を自粛解除して、包囲下にある(米国憲法)修正第2条を擁護せよ!」とツイートした。この激励を受けて、アメリカの幾つかの州都に市民が集まり、自粛解除を呼びかけるデモが行われた。

テキサス州オースティンでの抗議デモ (NBC news)

共和党の当初の懸念通り、州知事によるコロナ対策は、米国憲法修正第2条で保護されている基本的人権保障の規定さえも無視するほどに行き過ぎてしまったようだ。対策期間が長引けば長引くほど、経済は停滞し、人々の不満は高まるだろう。現在、各州では徐々に自粛解除を始める動きがある。今後は、例えばスウェーデンのように、戒厳令をあえて敷かずに、コロナウイルス感染数を抑えるような対策に移行していく必要があるのではなかろうか。

《参考文献》NBC news facebook, NBC news, Right Side Broadcasting Network, FOX news

Continue Reading

政治

米国保健省がコロナ死者数水増し「死因は全てコロナウイルスに」

Published

-

By

ホワイトハウスのコロナウイルスレスポンス・コーディネーターのデボラ・バークス氏は、2020年4月7日(火)のニュース解説会で、持病を持っている人がコロナウイルスが原因でICUに入り、心臓や腎臓に異常をきたして死亡した場合は、これもコロナウイルスによる死亡数にカウントしているということを明らかにした。

バークス氏は、「ある国では、この場合の死因を心臓や腎臓の問題としているが、わが国ではコロナウイルス感染症による死亡としている」と話した。つまり、患者が肺炎になり、その後死亡した場合、コロナウイルスが原因でなくても、コロナウイルスが原因で死亡したとして、その数をコロナウイルス感染症の死亡数に加えているというのである。

同じ日に、ミネソタ州の上院議員かつ医者であるスコット・ジェンセン氏は、ミネソタ州の保健省から、「患者の本当の死因に関わらず、全ての患者の死亡診断書の死因を#COVID-19とするように」と通知する、7ページからなる文書を受け取ったと言明した。

彼はバレーニュースのニュースキャスター、クリス・バークのインタビューに応じて、こう説明した。「先週、保健省からメールが届いて、私は医者として初めて、人口統計機関から死亡診断書の記入方法の指導を受けました。私の受けた印象は、COVID-19の検査結果を確認しなくても、死亡診断書にCOVID-19と記入してもよい、ということでした。送られてきた7ページからなる文書によれば、私のところにいた86歳の患者が肺炎になり、この患者の息子が無症状であったが、後にCOVID-19に感染していたことがわかった場合、この患者のCOVID-19の検査をしていなくても、死因にCOVID-19と書くのが適切である、ということです。

我々は今までそういうことはしてきませんでした。インフルエンザの流行中に患者が肺炎になり、インフルエンザの検査で陽性でない場合は、私はインフルエンザを死因とはしません。『この年配の患者の死因は肺炎である』と書きます」。

Chris Berke and Dr. Scott Jensen at Valley News Live

これに対し、クリス・バークが思わずジェンセン氏の回答中に口を挟み、「いったいどこの誰が、医者であるあなたに、死亡診断書の記入方法を指導して、『COVID-19であるかないかに関わらず、死因はCOVID-19と書け』というのでしょうか?とても正しいこととは思えません。意気消沈する思いです」と言った。

ジェンセン氏はさらに、「私はこの文書を、死亡診断書を長年担当している女性の元に持って行き、「これは正しいと思うか?」と聞いてみました。すると彼女は、『私たちは常に事実だけを記入し、可能性や推測は記入しないように、と言われています』と答えました」と語った。

なぜ、保健省は、事実確認ができていないことを、死亡診断書に書くように指導したのだろうか?ジェンセン氏はこの質問に対し、インタビューでこう回答した。

「恐怖によって、人々をうまく支配することができるからでしょう。私は非常に心配しています。我々は時々、人々が自分の頭で考える能力を麻痺させるほどの恐怖を与えることに夢中になり過ぎます。しかし、それは私の望むことではありません。私は人々が、『我々はこれを乗り越える。自分の頭を使って、いろんな情報を得て、自分自身で考えていく』と言う風になってほしい。それこそがアメリカです」。

これと同じようなことが、ニューヨークで起きているという証言もある。ある看護師が患者の死を見届けて死亡診断書にその事実を記しても、次の日に病院へ来ると、その内容が変えられているというのだ。

FOX Newsのタッカー・カールソンは同日、医者が従来の肺炎による死亡をCOVID-19による死亡に分類しているために、その数が増えているようだとリポートした。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、何年も前から毎週、肺炎で死亡した国民の数を記録してきた。ところが、ここ数週間は、従来の肺炎による死亡数が以前の年の同じ時期と比べて大幅に下降しているというのである。これには「何か隠された理由がある」とカールソンは推測している。

もしこれが本当であれば、現在驚くほどの速さで増加しているアメリカのコロナウイルスによる死亡数は、事実とは全く異なったものである可能性が出てくる。つまり、確実な死亡数よりも大幅に上方修正されている可能性があるのだ。

Continue Reading

Trending