SNSで最新情報をチェック!

エンタメ

最優秀主演男優賞を受賞のクリスチャン・ベール、サタンに感謝

Published

-

image credit: Christian Headlines

1月6日の夜、クリスチャン・ベールは、アダム・マッケイ監督の映画「バイス」でアメリカ元副大統領のディック・チェイニー役を演じ、カリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリーヒルトンで行われた受賞式でミュージカル又はコメディ部門のゴールデングローブ賞の最優秀主演男優賞を受賞した。

2014年に公開された「エクソダス:神と王」やクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト・ライジング(2012)」などでも著名な俳優であるクリスチャン・ベールの才能にも、実は秘密があるのかもしれないのだ。今作の「バイス」において、どうやら彼は感謝するべき人物が配偶者、子供たち、キャスト、クルー、プロデューサー、監督以外にもう1人いたようだ。

この役をどうやって演じるかインスピレーションを与えてくれたサタンに感謝します」、ベール氏は突然スピーチ中に発言した。


「バイス」のディック・チェイニー役のクリスチャン・ベール。今作のために60ポンド(27キログラム)増量し、もはや面影がないほどだ。(image credit: シネマトゥデイ via YouTube

このベール氏のサタンに対する感謝の意に対し、悪魔教会も好意的な反応をツイッターで示し、「我々にとってサタンはプライド、自由、そして利己主義の象徴であり、我々の最上の人間的潜在能力を外から見た比喩的な投射なのだ。ベール氏の才能と能力が賞を勝ち取ったように、これはまさに相応しいことだ。クリスチャン氏万歳!サタン万歳!」とツイートした。

「我々にとってサタンはプライド、自由、そして利己主義の象徴であり、我々の最上の人間的潜在能力を外から見た比喩的な投射なのだ。ベール氏の才能と能力が賞を勝ち取ったように、これはまさに相応しいことだ。クリスチャン氏万歳!サタン万歳!」

ベール氏はまた「完全にカリスマをなくし、誰からでも罵られるのもいとわない人」が求められていたことが、この役を獲得した唯一の理由だったと説明した。

「次はミッチ・マコンエルかな?」 ケンタッキー州の上院多数党院内総務の名前を引き合いに出し、冗談交じりに語った。

しかしながら、チェイニー元副大統領の娘であるリズ・チェイニー氏からの反応はそれほど好意的なものではなかったようだ。彼女は自身のツイッター上で、ベール氏が母と姉に対する暴行容疑で逮捕された際(最終的には不起訴処分となった)の記事のリンクを投稿し、「これをやったのもきっとサタンのインスピレーションだったのでしょうね」とツイートした。

「これをやったのもきっとサタンのインスピレーションだったのでしょうね。」

ベール氏は2010年にも映画「ザ・ファイター」でゴールデングローブ賞とアカデミー賞を受賞している。

彼がどこまで本気でサタンに感謝しているのかは定かではないが、「バイス」での彼の演技力に超人的なものを感じるのは確かだ。

映画「バイス」は、日本では4月5日公開予定だ。

《参考文献》Variety, CBS News, Business Insider

Continue Reading
クリックしてコメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trending