SNSで最新情報をチェック!

政治

グリーンニューディールは終わっていない 新たな法案を共和党が提出へ

Published

-

アレキサンドリア・オカシオ・コルテス氏(ニューヨーク民主党議員)が提出した法案「グリーンニューディール」先月26日、57-0の完敗を経験した。しかしながら、この環境問題の論争はまだ収まる様子はなさそうだ。

共和党のマット・ガエツ氏は、「グリーンニューディール」をもじった「グリーンリアルディール」を発表した。同政策案はグリーンニューディールの進歩主義的なアイディアを修正し、保守的かつなものに再考案したものだという。

記者団の前で質疑応答に答えたガエツ氏は黄緑色のネクタイをなびかせながら質疑応答を受けた。同氏の掲げたロゴは「Green New Deal」の「New」がバツ印で消されており、代わりに「Real」の文字がコミックサンズフォント(アメリカの漫画などに使われ、一般に幼稚とされている書体)で書かれている。The Hillによると、あえてこのフォントを選択したのは、オカシオ・コルテス氏の案に対する冷笑の意を表現するためだという。

「我々の気候変動問題に対する指導力の強まりは、アメリカの発明家たちによって強化されなければいけません。私には彼らをサポートする計画があるのです」とガエツ氏は宣言する。「これは一つの政党が解決できる問題でもなく、一つの国が解決できる問題でもありません」と同氏は問題の大きさを強調。 オカシオ・コルテス氏とは異なり、再生可能資源を有効活用し、それを世界的に広めることを念頭に置くことを主張した。

この提案に対し、オカシオ・コルテス氏は「ただただ弱々しくて時代遅れ」と非難。「勇敢さはどこへ?強さは?大胆さは?どれもないじゃない。本心はどこにあるの?」と強い反対の姿勢を見せた。

確かに、この法案はグリーンニューディールとは異なり、あくまで現実的かつ低リスクなゴールを掲げていることが特徴だ。具体的な目標値やスケジュールを掲げることはせず、あくまで温室効果ガスを削減するための道筋や方法を強調している内容である。

では実際にこの法案にはどのような内容が含まれているのだろうか?

Pensacola News Journalは以下のようにリストアップしている:

グリーンリアルディールの目標

  1. 強固かつ国家全体での温室効果ガス削減を達成する。
  2. 技術革新に対する努力により、さらに多くのクリーンエネルギーの選択肢を創り出す。
  3. アメリカをクリーンエネルギー分野と二酸化炭素回収技術における世界的リーダーとする。
  4. 規制を削減&近代化し、クリーンエネルギー技術が素早く展開できるようにする。
  5. 政府が独断で政策を行わないことを確約する。
  6. 市民と国家に、最もクリーンで温室効果ガス量の低い技術を選択かつ開発する権限を与える。
  7. インフラストラクチャーと地域、また軍が気候変動に耐え、適応できるようにする。

グリーンリアルディールのプロジェクト案

  1. 二酸化炭素回収貯留と二酸化炭素回収に投資し利用する。もしそうでなければ排出量を削減、または化石燃料によるエネルギーからの排出量の完全ゼロを目指す。
  2. 再生可能エネルギーや原子力、特に小型モジュール炉などの次世代の排出量ゼロのエネルギー源に投資する。
  3. プラスチック燃料の構想やリサイクルした使用済みプラスチックをアスファルトなどの素材に変える技術など、次世代リサイクル技術や廃棄物管理技術の広範囲における活用と展開を促す。
  4. 送電や分布、また貯留への戦略的な投資によって電線網を近代化する。
  5. 政府規制区域におけるエネルギー技術開発を公平かつ平等に許可を与える。
  6. 国家環境政策法の実施の仕方を近代化し、クリーンエネルギーのインフラストラクチャー、また特に複数の州における送電や洋上風力への投資を強く促す。
  7. 高度なエネルギー技術の実現を妨げ遅延させる規制を排除し、クリーンかつ再生可能、そして革新的なエネルギーとリサイクル技術を促す規制をつくりだす。
  8. 水力発電開発に関する政府の規制を近代化する。
  9. 二酸化炭素排出量や再生可能エネルギーの入手法を報告、追跡するボランティアによるフレームワークを構築、そしてエネルギー効率に対する投資を実施し、クリーンエネルギー技術への出資を増やす。消費者や投資家、また株主の利益追求のため透明性と責任能力を改善する。
  10. 暖房換気空調設備のアップグレードなどエネルギー効率の改善策のための強固な税制優遇策を自家所有者のために実施する。
  11. 商業施設の暖房換気空調設備のエネルギー効率の改善のための税制優遇策を拡大する。
  12. 都市やへき地、また国立公園やその他の政府規制区域の耐久性と建造物の適応性の強化のため、実現可能なプランの開発への努力に対する大学への補助金を実施。
  13. 公益事業会社や開発者と協力し、太陽光や風力、また地熱などの再生可能エネルギーへのスピーディーかつ現実的で、消費者フレンドリーな対応を確約する。
  14. アメリカ国内のクリーンエネルギー開発者の知的財産権を保護する。

Politicoからグリーンリアルディールの全文を観覧することができる(英語)。

《参考文献》Herald Courier, The Hill, Pensacola News Journal, Newsweek, 
《Top image credit: Newsweek

Continue Reading
クリックしてコメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エンタメ

COVID-21 致死のウイルスは現実のものとなるのか!?

Published

-

By

COVID-21という本を買ってみた。著者はダレン・ホロウェイという人だ。アマゾンで検索してみたら同じタイトルの本が何冊も出てきたが、これは約60ページで比較的短い。

この本の主人公エディは、イギリスで生まれ育った20代の若者だ。どちらかというと品行方正な家族の中で、彼だけがはみ出し者であり、ギャングのリーダーとしてドラッグの取引に手を染めていた。ある日彼はひょんなことでひき逃げ事件を起こしてしまう。被害者はベビーカーの赤ん坊と若い母親で、2人ともこの事故で命を失ってしまった。罪悪感にさいなまれた彼は、警察に出頭する代わりに、自らを罰しようと人里離れたところへ出て行き、文明からまったく切り離された生活を始めて、5年の歳月が流れた。

ある日ふと、エディは街に戻ってみようと思い立つ。久しぶりに戻ったロンドンは、いつも通りの雑踏だった。最初に目指したのは父親のオフィスだ。死んだと思い、葬式まで出した息子に再会した父親は、5年前のひき逃げ事件を初めて知らされて、彼に出ていくように命じた。父親が車椅子の不自由な身体になっていたことにショックを受けたエディは、何が起こったのかを尋ねるが、父親は「COVID-21」としか答えない。そして、わけのわからないエディの目の前で、突然すべての動きが止まり、父親や秘書の女性が下を向いたまま動かなくなってしまった。エディがあわてて外に出ると、すべての人間が全員下を向いて動かなくなっていた。どこを見ても動いているのは彼だけである。と思うまもなく、サイレンが鳴り始め、警察が追ってきた。

間一髪逃れたエディ。今度は昔の仕事仲間の家へ向かった。久しぶりに会ったボスのレロイから聞いたあらましはこうだった。

--COVID-19のパンデミックから約2年後に、別のパンデミックが起こった。それがCOVID-21である。このパンデミックで、世界人口の3分の1が命を落とした。COVID-21は、COVID-19に比べて致死率が5倍も高かった。しかし、迅速に開発されたワクチンのおかげで、パンデミックは収束した。ワクチンにはマイクロチップが含まれていた。このマイクロチップが一旦体内に入ると、除去することは不可能である。このマイクロチップにより、政府がすべての人間を制御することが可能になった。街の人間の動きがすべて止まっていたのも、このマイクロチップのせいである。人は政府に対して何の力も持たないが、政府は個人個人の人生、経済、仕事、人間関係などをすべて支配することができる。政府が人の心までもプログラミングすることができるため、犯罪は一切存在しない。警察の唯一の仕事は、エディのようなワクチンを受けていない人間を見つけて捕らえることである。--

ここでエディには2つの選択肢があった。1つは警察に出頭してワクチンを受け、「普通」の生活を送ること(しかし、一部の人間はそのまま消息不明になっている)、そしてもう1つはワクチンを避けて地下に潜り、隠れて生きることである。エディは、地下に潜って生きることを選択したが、物語の最後は意外な結末を迎える。

最初、独裁的な政府が悪だと信じていたエディ。しかし実際は、政府が人々の心を完全に支配し操ることで犯罪のない「平和な世界」を造り出しており、それに対抗している人々こそが秩序を乱し、世界平和をつぶそうとしていることがわかったのだ。地下組織の人々を裏切り、政府に寝がえったエディは称賛され、悪人たちは退治され、世界は完全な政府の支配下で「平和」を取り戻す・・・

これがおおよそのあらすじである。ここでは、結論として政府が善良で、それに対抗する人々が邪悪な存在として描かれており、まるで政府のプロパガンダのようにも思える。

冒頭に記したように、COVID-21というタイトルの本は何冊も出ているが、同じタイトルを冠した映画もある。今年1月に公開されたスリラー・アクション映画「COVID-21:死のウイルス(Lethal Virus)」は、別のコロナウイルスが2021年に出現するという設定で制作された。余談だが、去年12月に公開された映画「Songbird」の設定は2024年で、変異したコロナウイルスCOVID-23が登場する。

COVID-19が出現してからわずか数か月の間に、次々と制作され発表されたこれらの本や映画は何のためだろうか。まだコロナ禍にある世界で話題性を狙い、一儲けしようとしたのか。もちろんその可能性もなくはないだろう。しかし未だパンデミック下で苦しんでいる世界で、更に恐ろしいウイルスの出現を主題にした作品がエンターテイメントとして歓迎されるかどうか。そのせいか、これらの作品の評価は一様に低く、とてもその目的を達成したとは言い難い。

ところが聖書に照らし合わせてみると、また別の見方ができるのである。

聖書によれば、この世界は戦場である。神(=善)とサタン(=悪)との間の、人間の魂をめぐる激しい戦いだ。すべての人間がこの戦いに巻き込まれている。神の側につくか、サタンの側につくか、1人1人に自由意志が与えられているが、選択肢は2つに1つである。中間の立場は存在しない。

そしてこの戦いにはルールがある。

聖書にはこう書かれている。

「まことに主なる神はそのしもべである預言者にその隠れた事を示さないでは、何事をもなされない。」

アモス書3章7節

神が何事かをなそうとするときは、必ずそれを人間に示されるということである。

これがルールの1つである。当然、神に対抗するサタンも同じように、自分がしようとしている計画を前もって公表しなければならない。そこでサタンとその軍勢は、あらゆる媒体(小説、漫画、映画、テレビ等)を用いて、自分の計画を明るみに出すのである。「COVID-21」の本も映画も、その1つといえるのではなかろうか。

この世界には、善と悪との戦いについてのあらゆるヒントが散りばめられている。聖書を学ぶことで、それが見えてくる。ヒントを見逃さないようにしよう。自分自身にとっても、家族にとっても、正しい選択をするために。

Continue Reading

クローズアップ

ローマ大司教がトランプ大統領に手紙!?その驚きの内容とは

Published

-

By

米国大統領選挙の投票日があと4日に迫った10月30日、トランプ大統領を激励する公開書簡がカトリックファミリーニュースに載った。著者は、ローマ大司教、元駐米ローマ教皇大使である。元大使であればローマ教皇の意向を代表しそうなものだが、この手紙ではローマ教皇を「裏切者」と呼び、グローバリストの陰謀に加担する者として非難している。

カトリック教会の高位聖職者がローマ教皇に対して反旗を翻すのは、容易なことではないだろう。職を失い、教会から不名誉な破門の宣告を受けることも辞さずに大司教が公開した手紙は以下の通りである。

(日本語訳)

大統領殿

神と人類に対する世界的な陰謀によって全世界の運命が脅かされているこの時にお話しすることをお許しください。私は大司教として、使徒の後継者として、アメリカ合衆国へのローマ教皇大使として手紙を書いております。市民当局と宗教当局がいずれも沈黙している只中においてであります。私のこれらの言葉を「荒野で呼ばわる者の声」(ヨハネによる福音書1章23節)としてお受け入れくださいますよう。

6月に手紙にお書きしましたように、この歴史的な時に、善の勢力に対する容赦なき戦いに悪の勢力が終結しております。光の子らが現代の霊的指導者に見捨てられて混乱し、秩序を失っている中、敵対する悪の勢力は力強く、秩序があるのです。

普通の家族、人命の尊重、国への愛情、教育とビジネスの自由など、社会基盤そのものを破壊しようとする人々の攻撃が倍増していることを、我々は毎日感じております。各国の首脳や宗教指導者らがこの西洋文化とキリスト教精神の自滅に蹂躙し、市民と信者たちの基本的権利が健康上の緊急事態の名の下に否定されております。この健康上の緊急事態が非人間的な目に見えない独裁的権力を設立するための道具であることが、ますます完全に明らかになりつつあります。

グレートリセットと呼ばれる世界的な計画が進行中です。この企画者は、個人の自由と全人口の自由を大幅に制限するための強制措置を課して、全人類を征服することを望む世界的エリートたちです。いくつかの国では、この計画はすでに承認され、資金提供がなされています。他の国ではまだ初期段階にあります。この悪魔のようなプロジェクトの共犯者であり実行者である世界的リーダーたちの背後には、世界経済フォーラムとイベント201に資金提供し、彼らのアジェンダを推進している悪辣な人物がいます。

グレートリセットの目的は、ベーシックインカムを確保し、個人の借金を帳消しにするという魅力的な約束の背後にある、自由主義的措置の賦課を目的とした健康独裁政権の執行です。この国際通貨基金による譲歩の代償は、私有財産の放棄と、ビル・ゲイツが主要な製薬グループの協力を得て推進したCovid-19およびCovid-21ワクチン接種プログラムの順守です。グレートリセットの推進者を動機付ける莫大な経済的利益の先には、ワクチン接種の執行に健康パスポートとデジタルIDの必要性が伴い、その結果、全世界人口のコンタクトトレーシングが行われることになります。これらの措置を受け入れない者は、収容所に閉じ込められるか自宅軟禁され、すべての財産が没収されます。

大統領殿、すでにいくつかの国では今年の終わりから2021年の最初の3か月間にグレートリセットが実行されることはご存じでしょう。この目的のためにさらなるロックダウンが計画されており、これは想定されるパンデミックの第2波および第3波によって公式に正当化されることになります。パニックを起こさせ、個人の自由に対する厳格な制限を正当化し、世界的な経済危機を巧みに引き起こすために展開された手段をよくご存じのことと思います。その企画者の意図は、この危機により、国家がグレートリセットを頼みとせざるを得ないようにすることです。これによって彼らがその存在とまさにその記憶を完全に消滅させようと望む世界に最後の打撃が加えられることになります。しかし大統領殿、この世界は、人々、愛情、制度、信仰、文化、伝統、理想、そしてロボットでも機械でもない人間と価値観によって成っているのです。彼らには魂と心があるのです。ルシファーは「我は仕えず」と言い、神に反逆しましたが、人類はその神からの力を引き出す、霊的な絆によって結ばれているのです。

多くの人々は(ご存じのように)、この善と悪との衝突への言及、そして「黙示録的な」ニュアンスの使用に怒りを感じています。彼らにとって、これは精神をいらだたせ、分裂を際立たせるものだというのです。敵が邪魔されないうちに征服しようとしている要塞に到達したところを発見されれば、怒るのは当然のことでしょう。しかし驚くべきことは、警報を鳴らす者が1人もいないことです。闇の政府の計画を非難する人々に対する反応はめちゃくちゃで支離滅裂ですが、これは無理もないことでしょう。共謀する主流メディアが、苦労せず、気づかれもせずに新世界秩序への移行を行うことに成功した途端、あらゆるタイプの欺瞞、スキャンダル、犯罪が明るみに出てきています。

数ヶ月前まで、これらの恐ろしい計画を告発した人間は、単純に「陰謀論者」として中傷されました。しかし今では、これらの計画が細部まで実行されています。今年の2月までは、すべての都市部で市民が、街を歩きたい、呼吸したい、ビジネスを続けたい、日曜日に教会に行きたいというだけの理由で逮捕されるとは誰も思ってもみませんでした。しかし今では、これが世界中で起こっています。古代のモニュメント、教会、魅力的な都市、特徴的な村がある小さな魅惑的な国と多くのアメリカ人が考える絵葉書のようなイタリアでもです。そして、政治家達はペルシャ総督のような法令を発布しながら、自分たちの御殿の中でバリケードを築いています。その間に、ビジネスは倒産し、店は閉店し、人々の生活、旅行、仕事、そして祈りが妨げられています。絶望した起業家、また、友人やクラスメートから隔離され、自宅で1人コンピュータの前に座ってクラスに出ることを余儀なくされた子供たちの自殺をはじめ、この操作による惨憺たる心理的影響がすでに見られます。

聖書の中で、聖パウロは私たちに、不法の秘密の力の現れを「阻止している者」カテコン(テサロニケ人への第二の手紙2章6~7節)について語っています。宗教の分野では、この悪を妨害する者は教会、特に教皇庁であり、政治の分野では、新世界秩序の確立を阻止する人々です。

今や明らかなように、ペテロの椅子を占める者(*1)がまさに最初から彼の役割を裏切り、グローバリストのイデオロギーを擁護し促進せんがために、その地位から彼を選んだ闇の教会のアジェンダを支持しています。

大統領殿、あなたは国を、神の下にある一つの国を、今日否定され争われている譲歩できない基本的自由を、そして価値観を守りたいと明確に述べられました。親愛なる大統領殿、あなたこそが、闇の政府や闇の子らの最後の攻撃を「阻止している者」です。

このため、すべての善良な人々が、差し迫った選挙の画期的な重要性を確信する必要がありす。あれやこれやの政治的プログラムのためではありません。この特殊な歴史的背景において闇の政府がロックダウンを利用して消滅させようと望むこの私たちの世界を最も良く体現するあなたの行動を、全面的に奨励するためです。あなたの敵は私たちの敵でもあります。それは人類の敵であり、「初めから人殺し」(ヨハネによる福音書8章44節)である者です。

あなたの周囲には、あなたを世界の独裁政権に対する最後の要塞と見なす人々が信仰と勇気を持って集まっています。他の選択肢は、スキャンダルと汚職で酷評され、闇の政府によって操られている人間に投票することです。彼は、ホルヘ・マリオ・ベルゴリオが教会に対して行っていること、イタリアのコンテ首相、フランスのマクロン大統領、スペインのサンチェス首相などが自国に対して行っていることを米国に対して行うことでしょう。弱みを握られやすいジョー・バイデンの性質が、バチカンの「魔法の輪」の高位聖職者のそれと同様に無節操に利用され、国内政治と国際バランスのいずれにも違法の権力が干渉することを許すでしょう。ジョー・バイデンを操る者たちはすでにバイデンよりも悪い人間を用意しており、機会があればすぐに彼と交代させるであろうことは明らかです。

このような暗澹たる状況のさなか、この「見えない敵」の進出を明らかに止めることが不可能な状況においても、一縷の希望があります。敵は愛する方法を知らず、庶民を征服して彼らに牛のような扱いを受け入れさせるのに、ベーシックインカムを保証したり、住宅ローンを帳消しにしたりするだけでは不十分であることがわかっていません。憎しみと暴君的力の乱用に長い間耐えてきた庶民たちは、自分たちに魂があることを再発見しています。彼らは、自由と引き換えに自らのアイデンティティの均一化と消滅を受け入れることはできないことを理解してきています。庶民たちは、家族および社会のつながりの価値、正直な人々を結びつける信仰と文化の絆の価値を理解し始めています。このグレートリセットは失敗する運命にあります。なぜなら、これを計画した者たちは、自分たちの権利を守り、愛する人を守り、子供や孫に未来を与えるために戦うことをいとわない人々がまだいることをわかっていないからです。グローバリストの全般的に非人道的なプロジェクトは、光の子たちの堅固で勇敢な反対に直面して惨めに打ち砕かれるでしょう。敵の背後にはサタンがいますが、彼は憎むことしか知りません。しかし、私たちには、全能の主、戦いのために隊列を組んだ万軍の神、そして古代の蛇の頭を砕く最も聖なる聖母がいます。「もし神が私たちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか。」(ローマ人への手紙8章31節)。

大統領殿、この重大な時に、アメリカ合衆国がグローバリズムの擁護者によって宣戦布告された戦いに対する防御壁と見なされていることはよくご存じでしょう。「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる」(ピリピ人への手紙4章13節)という使徒パウロの言葉に力を得て、主に信頼を置いてください。神の摂理の道具となることは大きな責任です。あなたを祈りでサポートしている多くの人々が熱心な懇願をささげています。必要とするすべての恵みは確かにあなたのものです。

この天国の希望、そしてあなたとファーストレディ、またあなたの協力者のための、私の祈りの保証をもって、心からあなたに私の祝福を送ります。

アメリカ合衆国に天の恵みがありますように!

カルロ・マリア・ヴィガノ

ウルピアナ大司教

アメリカ合衆国へのローマ教皇大使

*1 使徒ペテロはカトリック教会において「初代ローマ教皇」とされており、したがって「ペテロの椅子を占める者」はローマ教皇のことを指している。

Catholic family news 2020年10月30日

ローマカトリック教会(以下、ローマ教会)は、第6世紀に法王権を確立させ、その後1260年にわたって教会の権威に反対するプロテスタントを迫害した。このローマ教会の世界的権力と迫害は、1798年に致命的な傷を受ける(法王権の失墜)まで続いた。そして今、ローマ法王権は、着々とすすみつつあるグローバリストの世界的支配計画の背後にいて、その権力の回復を目指している。著作家エレン・G・ホワイトは、「各時代の大争闘」の中でローマ教会についてこう描写している。

神のみ言葉はこの差し迫った危険について警告を与えてきた。これが顧みられないならば、プロテスタントの世界は、ローマ教会の目的が実際に何であったかを知ったときには、もはや手遅れになってそのわなを逃れることができないであろう。ローマ教会は黙々としてその権力をのばしつつある。その教えは議会に、教会に、また人々の心に影響を及ぼしている。法王制は堂々たる大建造物を築き上げているが、その奥まった部屋では昔の迫害がくり返されるであろう。自分が手を下す時が来たら自分自身の目的を推し進めるために、教会は、ひそかにそして怪しまれないように、勢力をのばしつつある。この教会が何よりも望むものは、有利な立場である。そして、それはすでに教会に与えられつつある。我々はローマ教会の真の目的が何であるかを間もなく見、かつ感じるであろう。神のみ言葉を信じ、それに従う者は誰でも、そのことによって非難と迫害を受けるであろう。

各時代の大争闘 下 p340(福音社)

大司教の公開書簡が米国民、特にカトリック教徒の投票にどれだけの影響を与えたのかはさだかではない。しかし、1つだけ言えるのは、次期大統領が正式にジョー・バイデンに決まれば、プロテスタントの国アメリカ合衆国はローマ教会の支配下に完全に陥るであろうということだ。ローマ教会が1798年に受けた致命的な傷は、以下の黙示録の言葉にあるように、ほぼ完全に治りつつあるのである。

その頭の一つが、死ぬほどの傷を受けたが、その致命的な傷もなおってしまった。そこで、全地の人々は驚きおそれて、その獣に従(った)

ヨハネの黙示録13章3節

Catholic Family News, Wikipedia

Continue Reading

クローズアップ

新型コロナウイルスワクチンが黙示録の「獣の印」と噂される理由

mm

Published

-

By

マイクロソフトとビル&マリンダ財団のビル・ゲイツ会長は、2015年のテッドトークで、エボラに続く次のパンデミックの到来を予測し、我々世界はまだそのための備えができていないと指摘した。それから約5年。2020年に起こったコロナウイルスのパンデミックに際し、ビル&マリンダ財団は、コロナウイルスワクチン開発のために億単位の資金を提供することを発表した。ビル・ゲイツ氏はあるメディアインタビューで「コロナウイルスのためのワクチンができなければ、日常生活に戻ることはできない」と語っている。

現在、世界では150種類以上のコロナウイルスワクチンが開発途上にある。そのうちすでに臨床試験を始めたものが27種類あり、その中にビル&マリンダ財団が資金を投入しているアイノビオ・ファーマスーティカル社(米)やキュアバック(独)も含まれている。早いものでは、2020年秋以降の実用化を念頭に入れているところもあったが、数々の深刻な副作用の事例が発生し、治験の中断を余儀なくされたところも少なくない。しかし11月9日、アメリカの製薬大手企業のファイザーとバイオテクノロジー企業BioNTech SEが開発中の新型コロナウイルスワクチン「BNT162b2」が、約4万4000人を対象とした第3相試験で「90%を超える予防効果がある」という結果が出たと発表された。また、製薬大手モデルナも16日、約3万人以上の第3相試験で94.5%の有効性を確認したと発表した。インフルエンザのワクチンの有効性が3~5割程度と言われるなか、「90%超」に対して関係者の間で驚きが広がっている。これに関し、11月17日の衆院厚生労働委員会において参考人の宮坂昌之・大阪大名誉教授(免疫学)は、「現在の治験規模では、副反応リスクがどのぐらいあるかわからない。問題は安全性だ。」として、安易な期待の高まりに警鐘を鳴らした。

米国国防総省(DoD)は今夏、保健福祉サービス(HHS)と提携して5億個のApiJectワクチン注射器を購入したことを明らかにした。発送開始は2020年10月である。製造会社のWebサイトによれば、ApiJect注射器にはオプションのRFIDデバイスが付属しており、医療従事者が注射器のGPS位置を追跡し、使用済注射器のIDを記録できるようになっている。サイトには更に次のようなことが書かれている。「このアプリは、政府が選択したクラウドデータベースにデータをアップロードします。 集計された注射データは、健康管理者にリアルタイムの「注射マップ」を提供します。」

ApiJect社出荷風景( ApiJect Website)

国防総省はまた、注射器が「安全で実績あるワクチンが利用可能になったときに、COVID-19と戦うのに適したものである」とも述べている。1億3,800万ドルの契約において明記された目標は、「2021年に5億個を超えるプレフィルド注射器を生産すること」だ。

米国の全人口は約3億2,700万人にすぎない。つまり、このプロジェクトでは、米国民すべてを対象とするのに十分すぎるほどのコロナウイルスワクチンが生産されることになるわけだ。トランプ大統領は5月14日のインタビューで、「コロナウイルスワクチンは年度末には準備できるだろう。準備でき次第、軍を動員してワクチンを届けるつもりだ。非常に多くの人々に迅速に届けられるだろう。」と語った。
国の人口をはるかに超えるワクチン生産数、そして軍を動員しての接種は、このワクチンが全国民を対象としたものであり、強制的なものになり得ることを暗示するものではなかろうか。そして使用される注射器はGPSによる追跡ができるため、どこの誰に接種したかも容易に確認できるようになっている。

実用化にしのぎを削るワクチン開発大競争だが、本命のワクチンはもうとっくに完成しているという噂もある。本命のワクチンとは、ローカルな一時しのぎのものではなく、全世界に普及する共通の統一ワクチンのことだ。それを、上記のようなGPS探索機が付属した注射器を使ってどこの誰に接種したかを記録し、全世界のあらゆる国と人々を1人も漏らさずに網羅することにより、世界をウイルスの脅威から完全に救い出すという名目のものである。これを聞くと、ワクチンはこのパンデミックを収束させる素晴らしい解決策のように聞こえるが、本当にそれほどの効果のあるものなのだろうか?ワクチンの中身はいったい何なのか?

アロパシー医学、小児医学の分野を経てアメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)及びアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)の対策部門で20年の経験を持つセレスティ・ビショップ・フォーラムは、このワクチンについてこう述べている。

「COVID-19ワクチンの主な原材料には、中絶した胎児の胎児幹細胞、ヒト化マウス、ヒト化植物が含まれています。ヒト化マウスとは、人間の血液、人間の臓器、人間の免疫システムを持つマウスであり、ヒト化植物とは、人間のDNAとたんぱく質を植物の維管束系に接種したものです。

セレスティ・ビショップ・フォーラム( Israeli News Live)

それから、DARPAハイドロゲルセンサーも使用されます。これは、ゼラチンの形態のナノ粒子であって、10年前から開発されているものです。このナノ粒子は、人間の皮膚に接種されると、一か所に集まり、人間の細胞を利用して(靭帯や骨を悪用して)成長を始めます。マイクロチップであれば取り出すことは可能ですが、これは人体と1つに融合して人体内部で成長していくため、取り出すことは不可能です。この結果、人体はAI、インターネットオブシングス(IoT)と一体となり、それ自体のコンピュータまたはデバイスのインターフェースとなります。」

これにより、その人体の持ち主である人間の意思とは関係なく、人体のあらゆる情報が自動的に発信され、それがその人間の近くにある、例えばスマホなどのデバイスがセンサとなって受信し、その受信した情報は役所や公衆衛生の専門機関へ送られることになるという。

「将来、老若男女問わず、このセンサを持つことが要求され、頭痛や喉の痛みで自身の病気に気づく前に、公衆衛生の役人がそれを最初に知ることになります。また、運動を適切にしているか、食事をきちんととっているか、何のサプリを摂取しているか、飲んでいる水に化学物質が含まれているか、薬を正しく摂取しているか、薬を摂取していないかなど様々なこともチェックされます。」

そして病気であると遠隔診断されれば、当人がそれに気づく前にいきなり役人が家に訪ねてきて、隔離施設へ連れて行かれるという可能性も出てくるというのだ。まるでひと昔前に見たSF映画の世界である。そんなことが本当にあるのだろうか。ところが昨年から今年にかけて、気になる事実が明らかとなった。今年3月にマイクロソフト社が取得した特許公開第WO/2020/060606号である。これは、4月22日に国際出願として認可された。

この国際特許の要約にはこう書かれている:「ユーザに提供されたタスクに関連する人体活動は、暗号通貨システムのマイニングプロセスで使用できる。 サーバは、サーバに通信可能に接続されたユーザのデバイスにタスクを提供することができる。 ユーザのデバイスに通信可能に結合された、またはデバイスに含まれるセンサは、ユーザの身体活動を感知することができる。 身体活動データは、ユーザの感知された身体活動に基づいて生成され得る。 ユーザのデバイスに通信可能に接続された暗号通貨システムは、身体活動データが暗号通貨システムによって設定された1つ以上の条件を満たすかどうかを確認し、身体活動データが確認されたユーザに暗号通貨を授与する。」

つまり、暗号通貨と引き換えに人間の毎日の身体活動を監視するチップが体内に挿入され、 条件が満たされた場合に、その人間が何かに使うことができる特定のボーナスを受け取るということだ。マイクロチップを人体に挿入するというアイデアは、今に始まったことではない。しかし、今回のようにマイクロソフト社がかかわっているというのは興味深い。特に、この特許に付与された公開番号の060606は偶然なのか、それとも狙ったものなのか。まるで、ヨハネの黙示録に書かれた数字666を示唆しているようだ。

また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。」

ヨハネの黙示録13章16節~18節

ここには、「すべての者に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。」と書かれている。そしてこの刻印はその獣の名前であり、それは数字「666」であるというのだ。

2019年10月28日にニューヨークで行われたイベント201の会合に出席したビル・ゲイツ氏は、ある質問に答えて、誰がワクチン接種を受けたかを追跡する「デジタル証明書」について言及した。この「デジタル証明書」は、その人間のCOVID-19についての罹患歴、検査結果、そしてワクチン接種の有無を示すものである。7月26日のニューイングランド州の医学情報誌の新聞に、「ワクチン接種を拒否する者には、厳しいペナルティを課すべきだ」という内容の記事が載った。この記事によれば、ペナルティには仕事を失うことも含まれ得るという。そしてワクチン接種は、「強制的なもの、絶対的な要求」であるべきだと述べた。

8月6日のUSA Todayには、「すべての人にワクチン接種を要求して、COVID-19を打ち負かそう。これは反アメリカではなく愛国心だ」というタイトルの記事が載った。執筆者は、マイケル・レダーマン医学教授他2名である。これによると、アメリカがコロナウイルスとの闘いに打ち勝つ唯一の方法は、全国民にコロナウイルスワクチンを強制することである。それについて、医学的な理由での拒否は許容するが、宗教的な理由での拒否は許容しない。しかし、少なくともアメリカ国内人口の3分の1は、ワクチン拒否者だと言われている。そんな中、強制するにしても、さすがに手足を拘束してまでこれらの人々に無理やり接種するわけにもいかない。すると、アメリカ政府と社会はどのようにして予防ワクチン接種を確保できるのだろうか?答えは、数々のペナルティを課すことによってである。この記事には以下のようなペナルティが提案されている。例えば・・・

ワクチン拒否者は、税金控除の恩恵が受けられない、政府の給付金を拒否される。予防接種を拒否することによって自分自身と他人を危険にさらすことになるとして、喫煙者の場合のように高い保険料が課される。民間企業による雇用またはサービスを拒否される、子供たちは学校に出席することが拒否される。公共および商業輸送会社(航空会社、列車、バスなど)に乗車拒否される、予防接種の証拠なしには公立および私立の講堂に入場できない、などである。

オーストラリアのニュースメディア「THE CONVERSATION」は、8月6日、ワクチンの強制に関して以下のような記事を記載した(一部抜粋)。

COVID-19ワクチンは強制すべきか?これはワクチン拒否者にとって何を意味するのか?

・・・ワクチン接種を拒否した結果は?

・・・人はそれでもワクチン接種を拒否する権利を行使できるが、政府は他の権利と自由を制限することができる。

実際、(ワクチンを拒否することによって)他人の健康と生命を危険にさらした場合、これは旅行や学校や職場へのアクセスがなくなることを意味する可能性がある。同様に、ワクチン接種の拒否により、仕事や社会福祉の給付金が制限される可能性がある。

by クレア・ブリーン, THE CONVERSATION

現在、中国政府は、健康状態追跡アプリの使用を推奨している。上海では、人々は元通りの生活に戻りつつあるが、第2波の流行を防ぐために「キュア・コード」というものが使われるようになった。これはいわゆる、普通の社会生活を送るためのパスポートとして機能し、買い物で入店する際などに、客は自身が健康であることを示す緑のQRコードを店側に提示しなければならない。このコードは、いくつかの要因によって色が変わるようになっている。例えば、過去2週間前の旅行履歴などがそれに挙げられ、要注意と判断されれば、赤のQRコードが表示されて、その間は入店することができない。

スマホのQRコード( Amazing Word Ministries)

ある男性は、健康であるにも関わらず、旅行後2週間の自主隔離後、しばらく赤のQRコードが表示されてオフィスビルに入ることができず、職場に復帰することができなかった。しかも、いつどうなればコードが緑になるのかもわからず、相談する相手もいなかったと言う。幸いなことに、彼のコードは2、3日後に突然緑に変わったため、それ以来、普通の社会生活が送れるようになった。

このコードを分析した専門家は、このアプリにいったん登録すると、その登録内容は政府ではなく、警察に送られるようになっていると言う。しかも、アプリの説明には一切そのようなことは記されていない。なのにも関わらず、なぜ、犯罪者でもない一般の人たちの登録内容が、このアプリを推奨している政府ではなく、警察に直接送られるのだろうか?それを知ってか知らずか、インタビューに答えた店員や、しばらく職場復帰が阻まれた上記男性も、このアプリによって職場や店が安全なことがわかって良いと話す。

今後、ワクチンの実用化に成功すれば、ワクチン接種の有無も、このようなデジタルパスポートに追加されることになるだろう。今はスマホのアプリを使っているが、ワクチンによりセンサーが人体に挿入されることになれば、今後は何も持たなくても機械が人体から発信される情報を読み取って判断するようになる。それには、「ルシフェラーゼ」という発酵酵素が使われるという話もある。これは、発光物質が光を放つ化学反応を触媒する作用を持つ酵素の総称である。興味深いことに、この名称の由来は、聖書にある有名な堕天使ルシファーと同じ「明けの明星」という意味を持つラテン語である。なぜ悪魔の別名をわざわざ付けたのかはさだかではないが、このワクチンの中身、そして今後の行く末にさらなる不気味さを増すには十分すぎるほどであろう。

参考文献: The Bipartisan Press, BreakingIsraelNews, Amazing Word Ministries,USA Today, THE CONVERSATION, Gigazine, 京都新聞, 毎日新聞, ApiJect

Continue Reading

Trending